「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

本日(4/10)、関市で2人目の新型コロナウイルス感染者が発生しました

本日、午後8時半からの岐阜県の記者会見において、関市で2人目の新型コロナウイルス感染者(20代・男性)が発生したことが発表されました。

 

まさに今日、県独自の非常事態宣言が発表され、それを受けて関市でも市民の皆さん、事業者の皆さんに、改めて感染拡大防止を図る取り組みやお願いをメッセージとして発信したばかりです。

 

新たな感染者が発生しましたが、関市から市民の皆さんにお願いすることは変わりません。

 

市民の皆さん宛ての市長メッセージをご一読ください。

 

【重要】 岐阜県非常事態宣言を受けての市長メッセージ(令和2年4月10日) | 関市役所公式ホームページ

 

また、市内1人目の感染者が発生した後、いろいろなところで流言飛語・デマが飛び交い、私のところにも何か情報を得ようという数名の方から連絡がありました。

 

感染者はもちろん、濃厚接触者も含めて、県が情報を収集し把握をして管理をしていますので、たとえ市長であっても、県が発表した情報以上のことは分かりません。

 

誰がどこでどういう経緯で感染したのか知りたい、というのは、誰もが素直に抱く感情だとは理解しますが、今、私たちがやるべきことは、根拠のない噂話を必死に集めたり、いたずらに詮索することではなく、感染拡大を防ぐため、自分自身と大切な人を守る意識を持ち、実際に行動をとること以外はありません。

 

新型コロナウイルスが終息するまで、心に余裕がない状態が続く方が多いかもしれませんが、こういうときこそ、腰を落ち着けて考えて行動をしましょう。