「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

10月20日のブログ「3名の方の100歳お祝い訪問、中川康洋・前衆議院議員と面談、県牛乳事業協同組合から要望書受領、市民球場はこれから大規模改修に」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前中は3名の方の100歳のお祝い訪問。

 

男性1名・女性2名の皆さんでしたが、皆さん、ご自宅で暮らしていらっしゃるお元気な方ばかりでした。

ただし、どうしても耳は遠くなっておられて、意思疎通が十分にできなかったことは残念でした。

100歳の皆さんとお会いすると、逆に元気をいただきます。

大きな100歳の節目を迎えられましたこと、改めてお祝いを申し上げます。おめでとうございます。

 

午後2時から、公明党の中川康洋・前衆議院議員と面談。市議会公明党の3名の議員の皆さんも同席。

中川さんは市議・県議を経験されており、「東海若手市議会議員の会」OBの方ですので、私は以前から存じ上げています。

国政でも地方の現場感覚を大切にしてもらえる人が増えてほしい、と思います。

 

午後2時25分から、県牛乳事業協同組合役員の方から要望書の受領。

コロナの影響による収支悪化に対する、コロナ交付金による支援にご要望。

教育委員会を通じてすでに何度か要望はいただいていて、原則として個別分野・事業に対する支援は考えていない旨の回答はしていますが、改めてお話だけは伺いました。

 

その後、いくつかの課題について、それぞれの担当課と協議。

 

午後4時半過ぎに、グリーンフィールド中池に設置する、昨年のラグビー南アフリカ代表チームキャンプの記念レリーフの確認。

今のところ、記念レリーフの除幕式は来年3月で調整中です。

 

 

f:id:ozeken:20201020204513j:plain
↑ グリーンフィールド中池、美しい芝が広がっていました

 

昨年9月上旬の関市中池での事前キャンプから始まり、ラグビーワールドカップ本番で南アフリカスプリングボクスが優勝を果たしてくれました・・・緑の芝を見て、改めて昨年のことを思い起こしました。

 

先週末、中学生の野球大会が雨のために中止となった市民球場・・・これから解体工事に入り、大規模改修により生まれ変わります。

f:id:ozeken:20201020204951j:plain

 

私自身も小学校時代、スポ少野球でこの市民球場で試合をしたことを覚えていますし、大2息子も小学校・中学校と、この市民球場でお世話になりました。

私だけでなく、多くの野球少年・監督やコーチ・保護者の皆さん・野球を愛するすべての皆さんの思いが詰まった市民球場です。

皆さんの想いも込めて、長年にわたって活躍をしてもらったことに感謝の念を伝えました。

 

f:id:ozeken:20201020205052j:plain
↑ 大規模改修ですが、スコアボードも含めて外野席のところは現状通りです

 

f:id:ozeken:20201020205606j:plain
↑ 中池から黒屋を通って自宅に戻る途中、市役所方面の夕焼けが美しかったのでロド☆スタを停めて撮影