「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

1月11日のブログ「ユックリとした12キロのジョグ、成人式あれこれ、市政功労者への弔問」

午前8時半過ぎから、ユックリとした12キロのジョグ・・・途中、3キロ以上は歩きましたが。

ちなみに、昨夕も同じくユックリとした12キロのジョグ。

f:id:ozeken:20210111175014j:plain
↑ いつものお気に入りのスポットから

 

午後1時過ぎに市役所へ。

f:id:ozeken:20210111210303j:plain
↑ 本日の市長室からの借景

 

連日、県部長からコロナ感染者の連絡をいただきますが、以前は午後2時半から3時半くらいでしたが、最近は午後5時前と遅い連絡。

 

その分、いつ携帯がなるのか、気になる時間が長くなります。

 

今日は午後5時を過ぎても電話がなく・・・今日は関市の感染者の連絡はありませんでしたが、別ルートでの感染者の連絡が入っているので、明日以降に県から発表があるはずです。

 

昨日の成人式、紹介しきれなかったことをいくつか。

各地域の成人式のごく一部ではありますが、各会場の様子をYou Tubeにてご覧いただけます。

 


www.youtube.com

 

例年、「祝 成人式」の看板と一緒の写真撮影が多いため、今年はご覧の通り、とにかく看板を増やすことによって、密を避ける工夫も。

 

関地域の会場では、実行委員長の岩塚廉さん作詞・作曲の「Make a Sword」の映像が流れました。(上の映像の中でも、後半に流れてます)

レベルが高くて、嬉しい意味でビックリ。

 

また、文化会館のスタッフは、「祝 成人」のオリジナルマスク。

f:id:ozeken:20210111210336j:plain
↑ 生涯学習課のMさんの手作りです・・・正月を返上しての作業だったそうです

 

市長になって10年目となりますが、年を重ねるごとに式典自体は落ち着いたものになっています。

 

市議会議員時代にも出席していましたが、ホントにひどい状態でした。

 

今年も式典が始まる前は、当たり前のことながら少しザワザワとしていましたが、司会の新成人が話し始めたら、シーンとして落ち着いた中での式典となりました。

 

午後6時半に、市政功労者の方のお通夜前に弔問。

元市役所職員の方で、私が24歳くらいのとき、関市役所でインターンとしてお世話になったとき、当時、建設部参事でいらっしゃいました。

 

「尾関というと、どこの生まれや?」と初対面で聞かれて、「生まれ育ちは東田原です」と答えたところ、

 

 「それなら、尾関〇〇の親戚か?」

 

と、若くして24歳で亡くなった、父の兄である伯父の名前を出されました。

もう四半世紀前のことですが、今でもそのときの情景はよく覚えています。

 

市長となった後でも、地域での市政懇談会で毎年お会いをしていました。

 

四半世紀前のことを思い出しながら、ご焼香を上げさせていただきました。

 

夜は、久しぶりにみよし亭のテイクアウトの鰻丼・・・大2息子の成人式のお祝いとして、父からのおごりです。

 

・・・明らかに、大2息子が帰ってきた方が、食事のランクが上がりますね。

 

f:id:ozeken:20210111214601j:plain
↑ 美味しく、ありがたくいただきました