「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

1月22日のブログ「信金中金から企業版ふるさと納税(1,000万円)の贈呈式、古田はじめ・候補のオンライン総決起大会」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、信金中央金庫の「SCBふるさと応援団」事業による企業版ふるさと納税の贈呈式。

信金中金の70周年記念事業で、10億円の事業費で各地域の信金の本店がある自治体の取り組みを、企業版ふるさと納税で支援しよう、という取り組み。

 

この事業に対して、関信用金庫から提案・推薦をいただいた結果、1,000万円という多額のふるさと納税をいただくこととなりました。(ちなみに、一律1,000万円だそうです)

 

f:id:ozeken:20210122183234j:plain
↑ 信金中金の花岡・名古屋支店長、関信用金庫の櫻井・理事長と一緒に

f:id:ozeken:20210122183320j:plain
↑ 関市からは感謝状をお渡ししました

f:id:ozeken:20210122183341j:plain

 

刃物ミュージアム回廊については、3月19日に地域交流施設「せきてらす」や新しい刃物会館がオープンする予定ですが、今後、その場をビジネスマッチングも含めて、ソフト面でいかに活かしていくか、が課題となります。

 

今回のふるさと納税は、「刃物ミュージアム回廊」のハード&ソフト整備に活用する予定です。

 

多額のふるさと納税をいただき、誠にありがとうございました。

 

その後、打ち合わせなど。

 

午後から、昨日に続いて職員人事について協議。

 

夜、午後7時から、古田はじめ・候補のオンラインでの総決起大会に参加。

f:id:ozeken:20210122185650j:plain

f:id:ozeken:20210122185658j:plain

hajime-furuta.jp