「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

2月7日のブログ「週末の12キロのジョグ&ウォーク、革靴丸洗い、1週間で3回目の代車、元首相の女性をめぐる発言など」

今朝は午前8時半から、週末のユックリとした12キロのジョグ&ウォーク。

身体が重く感じたので、ムリせずに半分くらいは歩きで。

 

洗濯機を2回まわし、洗濯物を干し。

 

その後、スニーカーのような革靴テクシーリュクスを、久しぶりに水洗い。

f:id:ozeken:20210207175254j:plain
↑ 5,000円の革靴ですから、思い切って気軽に洗えます ・・・中敷きが外せるのも便利

↑ 私が使っているのは、モゥブレイのサドルソープ

 

昨日、バッテリーが逝った模様のロド☆スタ、父がずっと充電をしてくれたのですが、やはり今日もかからず。

 

軽トラにつないでエンジンをかけるも、車をバックさせただけで再びエンジンがストップ。おっかないので、予備バッテリーをつないだまま、いつもお世話になっているガソリンスタンドへ。

 

途中、信号で停まる度、エンジンがストップしないか、心配で心配で・・・とにかく停車中もアクセル吹かしまくり(苦笑)。

 

後ろの車には迷惑おかけしました・・・が、なんとかガソリンスタンドに到着。

f:id:ozeken:20210207180638j:plain
↑ ・・・で、この10日間で3回目の代車・タフト(笑)

 

おそらくタフトも、

 

 「また、お前かっ!」

 

と言ってるはず。

 

 

f:id:ozeken:20210207185532j:plain
↑ 今日の市長室からの借景・・・午前中は青空でしたが、午後からの天気はイマイチでした

 

途中、文化会館小ホールから配信中の音楽ライブを覗きに。

f:id:ozeken:20210207185814j:plain
↑ 本来は有料観客ありの予定だったそうですが、緊急事態宣言中でもあり、無観客無料配信に切り替えたそうです・・・ステージ上はJACK長村さん

 

再び、市役所に戻り。

 

森喜朗・元首相の発言が取り上げられています。

生まれて初めて、政治家の講演を聴いたのは、大学1年生の18歳の春、大隈講堂での森喜朗衆議院議員(当時)。

講演の中で、(韓国は徴兵制があるので、日本でも韓国人が銃を持って集まる危険がある)というような旨の発言をされ、

 

 (そういう言い方をしていいのかな・・・)

 

と感じたのですが、翌日の朝刊にて、やはりこの発言が問題として記事になっていて、(やっぱり・・・)と感じたことを覚えています。

 

ときは移り変わり2012年、ぎふ清流国体・大会にて、関市が高校生ラグビーの会場になったため、森喜朗・元首相も関市にお越しをいただき、関観光ホテルでの懇親会にも参加いただきました。

律儀にそれぞれのテーブルをまわられ、テーブルを移動する際、自ら椅子を運ばれようとしたので、恐縮して

 

 「私が椅子をお持ちします。」

 

と声をおかけしたのですが、

 

 「いやいや、いいんだ、自分でやるから。」

 

と、ホントに自分で椅子を運ばれた姿も印象に残っています。

 

今回の発言を聞いて、(昔からの失言癖は変わらない方だな)と思いつつ、良くも悪くも(心にあることを、そのまま口に出される率直な方だな)とも感じつつ。

 

ここまで年齢と経験を重ねられたら、なかなか考え方を変えることはできないかもしれませんね。

 

私自身としては、市役所職員に対する評価基準は、市民の皆さんのために考えて行動できて結果が出せるか、という一点なので、性別が男性であろうと、女性であろうと、その点は一切関係ありませんし、掛け値なしにワタクシまったく興味ありません。

 

私が特に関係する職員人事は部長・課長級となりますが、前向きに仕事に取り組んでくれるなら男女問わず、より責任と権限がある職に就いてもらいたい、と思います。