「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

2月8日のブログ「緑十字銀賞受賞の相宮千秋さんと面談、FCボンボネーラ役員と面談、県経済同友会から提言書の受領など」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時半から、緑十字銀賞を受賞された武芸川の相宮千秋さんと面談。

18年間の長きにわたって、交通安全活動に取り組んでいただいていることへの表彰。

f:id:ozeken:20210208133628j:plain
↑ ご本人への表彰状だけでなく、奥様への感謝状も贈呈されたそうです・・・珍しいですね

 

 相宮さんは私の伯父と、関高校時代に同級生。

伯父は24歳の若さで亡くなったのですが、高校時代、本町にあった「宝山」という本屋でほぼ毎日立ち読みをしていたそうです。(お店、公認だったとか)

初めて立ち読みの話を聞いて、(伯父も本好きだったか・・・)と、何だか嬉しくなりました。

 

 

午前10時50分から、国土交通省木曽川上流河川事務所の高橋・所長と面談。

今後の長良川の防災堤の進め方について意見交換。

 

午後2時から、FCボンボネーラの加藤・代表、片桐・選手、RYU REX・顧問と面談。

元日本代表のハーフナー・マイク選手の加入で、地元でも話題となっていますね。

 

2年前、東海社会人2部リーグに昇格したときにも、市役所を訪問してもらっています。

 

 → 2019年2月5日のブログ記事

 

関市が拠点・・・ではありますが、普段の練習は各務原市のグラウンド、試合は岐阜市のグラウンド、という状況。

グラウンド利用に関する要望もいただいたので、今後、担当課で検討してもらいます。

f:id:ozeken:20210208184743j:plain
↑ FC岐阜に続いてのJリーグ入りを目指しています

 

午後2時半から、県経済同友会から提言書の受領。

 筆頭代表幹事は関市の鈴木刃物工業の鈴木良春・社長、同友会内の「東海環状自動車道を考える委員会」の委員長は協同印刷の小川優二・社長。

私も含めて、たまたま田原在住の方ばかり。

 

 東海環状自動車道もネットワークなのですが、どうしても地元のことを中心に考えてしまいがちなので、今日の提言書では経済的な面から広範囲の視点を示唆いただき新鮮な思いがしました。

 

その後、打ち合わせや決裁など。

 

 市長室で使っている手動のコーヒーミル・・・鉄製で重みがあって、ハンドルが大きいので、豆を挽くのは楽です。

 

f:id:ozeken:20210208195847j:plain

 

 

 

自宅で使い始めた手動のコーヒーミル、ハンドルが横回しのせいか、豆を挽いていると途中で結構疲れます(苦笑)。

f:id:ozeken:20210208210235j:plain


おそらく、トルココーヒー用のコーヒーミルだと思われ・・・極細挽きです。