「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

6月21日のブログ「自治労・市労連から要望書受領、県美濃土木事務所に要望、ワクチン接種の打ち合わせ、高齢者接種(1回目)は76.3%に」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前9時半から、自治労・市労連から要望書の受領。

要望に対しては少しずつでも応えていくことで、職員の皆さんの労働環境を改善していくつもりでいることを、改めてお伝えしました。

 

午前10時半過ぎに、総合斎苑わかくさにて告別式前に弔問。

長年にわたって体育指導員として活動をいただき、市政功労表彰も受賞された方です。

感謝の念を伝えつつ、ご焼香を上げました。

 

午後2時から、県美濃土木事務所にて、辻・所長ほか幹部の皆さんに対して関市から要望。

 

f:id:ozeken:20210621182645j:plain

 

今日はすでに着工していただいている事業以外の新規要望について、基盤整備部長から重点要望についてご説明。

県全体でも土木予算が抑えられている中、なかなか新規事業の着手は難しさがありますが、一つでも二つでも前に進めていただくよう、私からもお願い。

 

午後3時半から面談。

 

午後4時から、ワクチン接種についての打ち合わせ。

 

本日6月21日午前9時現在、65歳以上の接種率(1回目)は76.3%となり、接種者数も2万人を超えました。

集団接種がスタートしたのが先月5月26日ですが、1ヶ月足らずでここまで進捗するとは、当初、考えていませんでした。

 

ご協力をいただいている医師会・薬剤師会はじめ医療関係者の皆さん、委託先のJTBはじめ多くのスタッフの皆さんのお蔭さまです。

誠にありがとうございます。

 

また、担当している健康福祉部・市民健康課・ワクチン接種推進室、それぞれの職員が連日連夜にわたり奮闘してくれているお蔭でもあります。

ありがとうございます。

 

f:id:ozeken:20210621182718j:plain

 

ただし、今後は2回目接種も重なってくるので、1回目接種はここまで速いペースでは伸びていきません。

 

以前も書いた通り、高齢者接種が優先ですが、そのメドが立った今後は、65歳未満の接種を迅速に進めていくことに心を砕いています。

 

全接種対象者に対しては、1回目でやっと27.2%を超えたところ。

集団免疫をもつと言われる70%に到達することが、当面の目標です。

 

いつも書いている通り、ワクチン供給次第ですが。

 

f:id:ozeken:20210621182728j:plain