「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

7月20日のブログ「教育委員会との市長協議、県コロナ対策本部員会議、市コロナ対策本部会議、ワクチン接種推進会議」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時過ぎから、教育委員会との市長協議。

関商工・教育総務課・給食センター・学校教育課とそれぞれの協議を正午過ぎまで。

残っているのは健康福祉部との協議です。

 

 

午後2時から、県コロナ対策本部員会議に出席。

夏休み・お盆等に対する感染防止対策の取り組みについて。

 

f:id:ozeken:20210720215053j:plain

 

東京都の感染者が高止まりですが、岐阜県の感染者も日によってバラツキがあります。

ワクチン接種をされた方も、マスク・手洗い・密を避けるなど、引き続きの感染防止対策が必要です。

 

終了後、引き続き市コロナ対策本部会議。

各課で計画している行事・イベント等については、感染防止対策をとる前提で、できる限り実施するように準備を進めてもらうこと、職員の皆さんはできる限り休みをとってオンとオフのメリハリをつけるようお願い。

 

 

その後、ワクチン接種推進会議。

以前も書いた通り、ワクチン供給に限りがあるため、まずは大勢の市民の方が接種可能な集団接種を優先して接種を進め、集団接種会場を閉めた後、個別接種で対応してもらうことを大きな方針にします。

 

集団接種については、接種日の縮小に応じた柔軟な契約変更が難しいとの報告を受けたので(すなわち、集団接種がなくても、多額の税金を支払うことになるので)、とにもかくにも1日でも半日でも早く集団接種会場を閉められるよう工夫をする必要があります。

 

 

その後、打ち合わせや決裁など。