「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

9月27日のブログ「倉知公民センターから要望書受領、JTB岐阜支店の皆さんに御礼、接種率(1回目)80%超え、地区労と「市長と語る会」」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前10時から、倉知公民センター役員の方と面談。

要望書をいただき意見交換。

 

午前11時から、県と市町村長のコロナ会議・・・でしたが、急遽、変更に。

 

午後4時から、集団接種会場の運営を委託していたJTB岐阜支店の皆さんと面談。

 

9月23日に集団接種会場は閉じましたが、5月下旬から4ヵ月間、運営を担っていただきました。

初めての事業ということで、最初は戸惑いが大きかったと思いますが、中盤以降、市民の方からも「集団接種会場の対応がスムーズで良かった」という声をいただくようになりました。

 

先日も書いた通り、水・木・土曜日の午後、日曜日の午前・午後という限られた時間帯で、週に5,200回の接種ができたのは、JTBの皆さんのお蔭でもあります。

 

JTBの皆さんには申し訳なかったのですが、私から直接コールセンターやWeb予約システムについて厳しい疑問を呈したこともありましたし、現場の運営についても強く改善を求めたこともありました。


いつも書いている通り、

 

 言いにくい事を、言いにくい時に、言いにくい人に言う

 

が私の信条のひとつですのでご容赦ください。

 

大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

関市のワクチン接種率(1回目)が80%をやっと超えました。

最終的な接種率は85%を超えてくると思いますが、予約の入り状況を見ていると、今後は緩やかに上昇していく、と思います。

 

f:id:ozeken:20210927210607p:plain

 

午後4時半から、観光振興プロデューサーの柳田さんと面談。

今年度上半期の活動実績と、下半期の活動予定について説明いただきました。

「せきてらす」オープンから半年、コロナ禍の真っ最中ですから、なかなか思うようにイベントが打てない状況がほとんどでしたが、ある意味、「最低」の時期のスタートですから、今後は右肩上がりしかありません。

可能性しか、ないでしょう。

 

午後5時から、県と市町村長のコロナ会議。

緊急事態宣言は解除される見込みですので、その後の対応について、現時点での県の考え方について説明がありました。

正式には、明日午後4時からのコロナ対策本部員会議で確認される見込みです。

 

午後6時から、ワークプラザ関にて地区労の皆さんと「市長と語る会」。

 

午後7時過ぎまでの1時間超、質問に対してお答えしたり意見交換。