「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

11月20日のブログ「直心影流薙刀術 温習会 全国大会、鮎之瀬ふれあいセンター・シニア巾の文化祭、本町まちかどギャラリー、出張あれこれ」

今朝は週末ながら短めの8キロのジョグ。

公務もありましたし、今週、東京出張の際に少し長めに走っていたので。

 

午前10時から、アテナ工業アリーナにて、直心影流薙刀術 温習会 全国大会。

今日は全国各地から関市にお越しをいただきました。

こういう全国大会が開催できるようになったのも、コロナ感染が落ち着いているからですね。

 

f:id:ozeken:20211120200908j:plain
↑ 開催市の市長として歓迎のご挨拶

 

関市の自慢の鰻と刃物を紹介して、折角の機会なのでお金を落としていただくようお願いしつつ。

 

皆さんと一緒に記念撮影を終えてから、瀬尻の鮎之瀬ふれあいセンターの文化祭へ。

 

f:id:ozeken:20211120201417j:plain
↑ カフェアダチの足立義一さんの作品も展示してありました

 

続いて、巾公民センターにて、シニア巾の文化祭へ。

 

f:id:ozeken:20211120201649j:plain
↑ 巾の老人クラブの皆さんが毎年、開催されています・・・昨年度は中止だったため、今回は2年分の力作揃いでした

 

続いて、本町まちかどギャラリーの「ハーモニー作品展」を覗きに。

こちらも毎年、継続して開催されています・・・が、写真を撮り忘れてしまいました。

 

今日は久しぶりにお会いできた方も多く、いろいろなお話ができました。

 

午後から、市役所へ・・・と思ったのですが、この1週間ほぼほぼ東京出張でしたので、自宅にて洗濯機を4回まわし、出張の荷物を片付け、部屋の床掃除をして、アイロンをかけて、革靴を磨き、読みかけの本を読み進め。

 

先週の12日(木)・13日(金)、今週の15日(月)・16日(火)、18日(木)・19日(金)と3回の1泊2日の東京出張が終了。

 

昨年度はほぼ要望活動はできませんでしたので、上にも書いた通り、コロナ感染が落ち着いているからこそ、一定程度、上京しての要望活動ができました。

 

道路・河川・災害復旧・国保等の全国大会に加えて、関市単独の要望活動もできました。

 

また、要望活動以外でも、できる限り、いろいろ実体験することを詰め込みました。

先月の大阪出張も含めて、文楽・歌舞伎・落語・美術館・博物館・クラシックコンサートなどなど。

ホントは演劇・ミュージカルも1回は行きたかったのですが、なかなか日程がうまく当てはまりませんでした。

 

日々の市長としての仕事の中で地方自治の最前線に立っているので、あえて、本筋の公務以外の体験をするように心がけています。

 

読書についても同じことで、地方行財政の本を読まないわけではないですが、実際の現場に立っている人間からすると、大学教授が書かれた本でも、薄く感じられることが多く、そうそう素直に頭に入ってきません。

 

したがって、地方行財政分野以外の本の方が、知らないことがほとんどで(当たり前ですが)、自分にとっては参考になりますね。

 

出張もほぼ1年ぶりでしたが、3回の出張の中でだんだんとコツを思い出してきました。

 

バッグは、義父から譲ってもらったエースジーンの3WAYのバッグ・・・出張時はとにかく機能性重視です。

リュックを一度使ったら、他は考えられません。

 

靴は、先週は黒系のトレランシューズを履きましたが、今週はお馴染みのスニーカーのような革靴・テクシーリュクス。

出張時、ジョグを除いても毎日2万歩ぐらいは歩いたと思いますが、テクシーリュクスなら苦になりません。

 

出張時のジョギングは、今週からテスラのベアフットを投入。

折りたためるのでバッグにも入れやすいです・・・が、靴底は薄くクッション性には欠けるため、評価が分かれるかもしれません。

実際に2回走ってみた感じですが、確かに衝撃は直に感じますが、たまの出張時くらいであれば問題なく使えます。

 

本来であればスーツで要望すべきですが、出張時はジャケパンスタイルで・・・とにかく東京では歩いて大量に汗をかくので、洗濯できることが第一条件。

ジャケットは表示では洗濯不可となっていることが多いですが、私は気にせずに洗濯機に入れてしまいます。

シャツもとにかく機能的なものを選択。

出張時はノーアイロンシャツに限ります。