「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

6月22日のブログ「渡辺猛之・候補の出陣式、刀剣ワールド名古屋・丸の内、ミロ展など」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

いつもより自宅を出る時間が早かったのですが、洗濯機がなかなか止まらず・・・結果、脱水を途中で止めて、大慌てで洗濯物を干し、衣類乾燥除湿機をかけ自宅出発。

 

午前9時過ぎから、今日から始まる参議院選挙、渡辺猛之・候補者の出陣式。

先日の事務所開きと同じく、県市長会の会長として市町村長・議員等を代表して激励の挨拶。

 


↑ 渡辺猛之・国土交通副大臣には、県内42市町村すべてがお世話になっており、これからも岐阜県・市町村にとって必要不可欠な政治家です(photo by 藤井浩人・美濃加茂市長)

 


↑ 投開票日の7月10日は、たまたま私の誕生日・・・圧倒的な大差での勝利を渡辺猛之・候補にプレゼントいただくようお願い(photo by 今井政嘉・県議会議員

 

watanabetakeyuki.jp

 

遊説に出発する渡辺猛之・候補を見送った後、岐阜県図書館へ立ち寄り。

昨日で返却期限が切れてしまったので、本を返して、新たに本を借り。

 

その後、刀剣ワールド名古屋・丸の内へ。

東建コーポレーション等が所蔵されている甲冑・刀剣等が展示されていますが、計画されている名古屋刀剣ワールド/名古屋刀剣博物館は現在、開館延期の状況のようです。

 

2年半にわたるコロナ禍の影響かもしれませんが、今後のオープンを期待しています。

 


↑ 鎧・甲冑が所狭しと展示してあります・・・迫力ありますね

 


↑ 刀剣も重要刀剣などが当たり前のように並んでいます

 

刀剣ワールド名古屋・丸の内を視察したついでに、愛知県美術館で開催中の「ミロ展」へ。

 

実は先日、歯の詰め物が取れてしまって歯医者に行った際、玄関でたまたまお会いした市民の方から、いきなり「市長さん、ミロ展のチケット要ります?」と。

そのままの勢いで招待券をいただいてしまったので、いただいた以上は観にいかないと失礼になるか、と考えて。

 

スペイン・マドリッドを訪問した際、通訳いただいた方は絵画の研究のため訪西されたようで、「どの画家がお好きなんですか」と訊ねたところ、「ジュアン・ミロです」と答えられたのが印象に残ってます。

恥ずかしながら、2017年のスペイン訪問時はミロを知らなかったのですが。

 

 

ミロ展は原則として撮影禁止でしたが、上の3点だけは写真撮影・SNS掲載もオーケーでした。

スペインのソフィア王妃芸術センターでは、ミロ作品がいくつか展示してあったことを覚えていますが、キャラクターみたいで可愛さのようなものも感じますが、私のような素人には分かりづらさもあります。

 

ミロ展の後、常設展もひとまわり。

 

ついでのついでに、桑山美術館名都美術館も立ち寄り。

どちらも今日、立ち寄ることにしたものですが、両館ともに大きな美術館ではありませんが、どちらも充実した内容でした。

 

桑山美術館では、上村松園速水御舟横山大観竹内栖鳳川合玉堂等の日本画の良品ばかり。

名都美術館では、平山郁夫前田青邨等の作品・・・特に、平山郁夫「月明の砂漠」の青、「永平寺の森」の緑には参りました。

 


↑ 桑山美術館の庭

 

↑ 名都美術館の庭

 

両館ともに作品は写真撮影禁止でしたが、美しい庭だけ撮影しました。