「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

8月10日のブログ「岐阜RISEの滝下ひなたさんがソフト全国大会出場、横須賀美術館の運慶展、神奈川県立近代美術館の鎌倉別館」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時15分から、岐阜RISEの一員としてソフトボールの全国大会に出場する滝下ひなたさん(緑ヶ丘中2年)と面談。

県内では大垣ミナモクラブが強豪だそうですが、今回は決勝タイブレークでの接戦で勝ち上がっての勝利。

 


↑ 守備ではファーストやショート、打撃ではクリーンナップを担うことが多いそうです・・・チームの要ですね

 

8月13日からの全国大会、活躍を期待しています。

 

面談後に市役所を出て、新鵜沼駅から名古屋駅へ。

 


↑ 名古屋駅の新幹線ホームで冷やしきしめん

 

数日前から妻が実家の鎌倉に帰っているのですが、公務が調整可能だったため、急遽、鎌倉に行くことに。

 

横浜駅で降りて、JR・京急・バスを乗り継いで横須賀美術館へ。

 

以前から「運慶展」を開催していることは知っていたのですが、東京出張のときでも、さすがに横須賀までは遠いので足を伸ばせませんでした。

 

横浜駅からでも1時間半かかりますから、なかなかの距離です。

 

↑ 海に面した美しい美術館


 

運慶は画集では観ていたのですが、実際に本物を見ると迫力が違いますね。

 

週刊新潮の表紙をずっと描かれていた谷内六郎さんの作品も観ることができました。

 

 

その後、再びバス・JRを乗り継いで、神奈川県立近代美術館の鎌倉別館へ。

 


↑ 小町通りはかなりの人出でした

 


↑ 建物は良い雰囲気だったのですが・・・

 


↑ 庭園の彫刻はともかく、内部の展示は私のイメージとは違ってました・・・彫刻に触れられるのは珍しかったですが

 

鎌倉駅からバスに乗って妻の実家へ。

 

義父が鎌倉の歴史や運慶と鎌倉の繋がりも研究していたので、運慶と鎌倉幕府の関わりについて教えてもらいました。

 

夜は大4息子も合流して一緒に食事。

 

鎌倉に来たのは3年ぶり・・・実に2019ラグビーワールドカップの決勝戦以来です。