「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

10月21日のブログ「武芸川の田下喜代さんが新嘗祭に献穀、最高幹部会議、中濃圏域行政懇談会、今日から加湿器稼働」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ・・・寒くなりましたね。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、新嘗祭に献穀する粟を栽培された武芸川の田下喜代さんと面談。

 

米や豆は栽培されている田下さんですが、粟を栽培するのは初めて・・・皇室に献上する粟ということで、いろいろ大変だったそうです。

 

今日、粟を見せてもらいましたが、綺麗な黄金色に揃った素晴らしい出来でした。

 

関市にとっても栄誉なことです。

 

f:id:ozeken:20211021202557j:plain
↑ 栽培にあたっては、中濃農林事務所・JAめぐみのの皆さんのご支援もありました・・・しかし、私の内ポケットから、紺色マスクが出てしまってますね(苦笑)

 

f:id:ozeken:20211021203851j:plain
↑ 田下さんからいただきました・・・どちらも美味しかったです

 

午前10時から、部長級以上の最高幹部会議。

 

f:id:ozeken:20211021203524j:plain
↑ 今回からタブレット端末にてペーパーレス

 

午後3時半から、県加茂総合庁舎にて、中濃圏域行政懇談会。

 

関市からは、ずっと要望を重ねてきた食肉センター・百年公園についてお礼。

 

食肉センターについては、民間に売却譲渡することになり、来年度からは独立した民間経営となります。

百年公園についても、先日から県の都市公園活性化懇談会に、新たに関市もメンバーに加えていただきました。

 

自宅に戻ってから、ここ数日、急に寒くなったので、春夏服と秋冬服の入れ替え。

 

つい先日まで扇風機をまわして、ノーネクタイのジャケパンスタイルでしたが、関市のクールビズ期間が終わったこともあり、ネクタイ・スーツです。

 

夜、シャツ4枚をアイロンがけ。

 

f:id:ozeken:20211021204903j:plain
↑ 今日から加湿器も稼働・・・乾燥する季節ですから、気温と湿度を気にかけつつ

 

10月20日のブログ「東山・西田原線の開通式、板取川中にて鎌倉能舞台の公演、レストラン ラビッシュにて懇親会」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前10時から、都市計画道路の東山・西田原線の開通式。

 

長年、「関市は南北道路が弱い」、「どの南北道路も途中で止まっていて中途半端」という声をいただいていました。

この10年間で西本郷・一ッ山線、・鋳物師屋線と開通し、本日、東山・西田原線の開通を迎え、中心部・東部の南北道路は整備が一通り終えることになります。

地権者の皆さんはじめ、地元の皆さんのご協力のお陰様です。ありがとうございます。

 

f:id:ozeken:20211020160446j:plain

 

今後、都市計画道路としては、倉知・一ノ門線の整備を進めていきます。

 

午後1時45分から、板取川中体育館にて鎌倉能舞台の公演。

文化庁の文化芸術巡回公演事業として、板取川中が手を挙げたところ採択いただきました。

 

先日、オンラインにて能や狂言について説明があり、今日は実際の舞台を鑑賞する日。

 

演目は狂言「柿山伏」と能「小鍛冶」。

 

事前にストーリーの概略の説明があり、かつ、スクリーンに字幕も出ますので、子ども達も分かりやすかったと思います。

 

f:id:ozeken:20211020225639j:plain
↑ 狂言「柿山伏」・・・子ども達からも笑いが起きていました

 

f:id:ozeken:20211020225624j:plain
↑ 能「小鍛冶」・・・刀匠の話ですから、「日本一の刃物のまち・関市」にピッタリです

 

昨年度、関市文化会館にて文楽公演を開催しましたが、その後、文楽協会から大阪の国立文楽劇場で日本刀に関わる演目「小鍛冶」を上演するので・・・と、ご招待をいただきました。

 

しかし、コロナ感染が拡がったため、残念ながらお邪魔することはできませんでした。


今回は文楽ではなく能で「小鍛冶」を鑑賞することができたのですが、何かご縁を感じました。

 

その後、本町まちかどギャラリーの「みきの会」絵画展を鑑賞してから市役所へ。

 

打ち合わせや決裁など。

 

午後6時から、今年4月にオープンした小屋名の「レストラン ラビッシュ」にて懇親会。

 

ワクチン接種のため、半年以上にわたり昼夜を問わず奮闘してもらった、健康福祉部長・市民健康課長・ワクチン接種推進室長の慰労の意味を込めて。

 

振り返ると政府から「高齢者接種を7月末までに終えるべし」と追い立てまくられた6月くらいが、現場としては大きな山場だったそうです。

 

今日は笑い話のように振り返りお酒の肴にしましたが、まぁ、私自身も部長・課長・室長を何回ギリギリと絞り上げたか、数え切れません。

 

上からは勝手な指示が雨あられと降ってきて、現場からは突き上げられ、各種団体からもねじ込まれ・・・ホントに大変だったと思います。

 

部長・課長・室長それぞれ役割とタイプは違いますが、よくぞ乗り切ってくれた、と感謝しています。この3人トリオでなければ、ここまでやれていないでしょう。

 

N課長に、

 

 「結局、何回ぐらい武儀の山中で、私のわら人形に釘を打ったんですか?」

 

と尋ねたら、

 

 「2回です(笑)」

 

という答えでしたが、少なくとも8回ぐらいは打ってるでしょうね(笑)。

 

本当は2回接種が終わってめでたしめでたし・・・で終わりたいところながら、まだ3回目の接種が残っています。

 

担当課も大変ではありますが、何とか次のひと山も市役所全体で乗り越えていきたいものです。

 

「ラビッシュ」の料理、どれも美味しかったです。

店内の雰囲気も落ち着いていますし、接客も丁寧でユックリと最後まで楽しめました。

 

f:id:ozeken:20211020233002j:plain

f:id:ozeken:20211020233012j:plain

f:id:ozeken:20211020233022j:plain

 

10月19日のブログ「武藤容治・候補の関市出発式、県美術館「ミレーから印象派の流れ」、オンライン中部地方治水大会、ワクチン接種予約は10/29まで」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時10分から、JAめぐみの本店の敷地内にて、今日から始まった衆議院選挙・武藤容治・候補の出発式。

 

コロナ感染防止のため、各務原市での出陣式の後、候補が各地域をまわって出発式を行うそうです。

 

私もマイクを持たせてもらい、武藤容治・候補への支援のお願いを込めての挨拶。

 

f:id:ozeken:20211019200128j:plain
↑ 武藤容治・候補から、今回の衆院選挙の意義、そして選挙に対する決意表明

 

今日は時間の都合上、あまり長くは話さなかったのですが、東京での要望活動の際には、いつも武藤容治・候補に同席いただいたり、秘書の方に案内いただいたり、関市の要望に常にお力添えをいただいています。

 

その後、県美術館へ。

現在、市役所7階の篠田桃紅美術空間では、関市在住の人間国宝である土屋順紀さんの作品展を開催中。

 

f:id:ozeken:20211002183517p:plain

 

今回、岐阜県美術館所蔵の土屋順紀さんの作品を、お借りして展示しています。

先日の開場式の際、正村・副館長から招待券をいただいたので、企画展「ミレーから印象派の流れ」を鑑賞してきました。

 

ミレーの作品をまとめて見たことは初めてでしたし、思っていた以上に、鑑賞できる絵画の数が多くてビックリ。

素人の悲しさで、教科書に出てくるモネ・ルノワールセザンヌは分かるのですが、ほとんど初めて見る名前でした。

 

その中では、エドゥアール・ダリファール「雪の風景」が印象に残りました。

 

常設展も覗いたのですが、ミロやルドンの作品が観れて得した気分。

 

ちなみに、「ミレーから印象派への流れ」展は、明後日10月21日(木)までが会期です。

 

kenbi.pref.gifu.lg.jp

 

正午を過ぎたので、久しぶりに県庁近くの更科へ。

f:id:ozeken:20211019204440j:plain
↑ 中毒性のある冷やしたぬきダブル

 

午後2時15分から、中部地方治水大会にオンラインで参加。

首長本人の参加はほとんどありませんでしたが、平成30年7月豪雨災害の被災地として、治水関係の大会等にはできる限り参加するようにしています。

 

f:id:ozeken:20211019205227j:plain


・・・とはいえ、市長室で参加していたので、随時、協議や決裁等が入るので断続的に。

 

治水大会終了後、いくつかの課題について協議。

 

午後5時半過ぎに、総合斎苑わかくさにて、お通夜前に弔問してから帰宅。

 

ワクチン接種ですが、1回目が85%、2回目も80%を超えてきました。

 

f:id:ozeken:20211019210744p:plain

 

広報・ホームページ・あんしんメールでお知らせした通り、コールセンター・Web予約は10月29日(金)で閉じます。

 

ワクチン未接種の方に対して、最終的な案内ハガキを発送しています。

 

ワクチン接種を希望する方は、10月29日までに予約をしてください。

 

10月18日のブログ「小瀬鵜飼シーズン終了、中濃地域木材利用推進協議会から要望書受領、中部学院大学野球部の坂田怜・選手が広島育成4位指名など」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

今朝も冷えましたね・・・今秋、初めてランニンググローブをはめました。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、10月15日にシーズンを終えた関遊船株式会社の山田武司・社長と3名の鵜匠の皆さんが報告に。

今年は昨シーズンより少しだけ多い、2,326名の乗船者数だったそうです。

昨シーズンが過去最少でしたので、今年5月11日の鵜飼開きでは、「今年は右肩上がりしかありません」と挨拶したのですが、結果として今年もコロナの影響をモロに受けました。

 

f:id:ozeken:20211018213851j:plain

 

9月末に緊急事態宣言が解除された後、10月はかなりの需要があったそうなので、そこが来シーズンに向けての光ですね。

 

午前10時から、中濃地域木材利用推進協議会から要望書の受領。

 

f:id:ozeken:20211018214801j:plain

 

毎年、恒例の要望書受領ですが、意見交換の中でウッドショックの影響・山林の売買状況・IcTを活用した森林管理・カーボンニュートラルなど、いくつかの切り口を教えてもらいました。

 

市役所を出て、総合斎苑わかくさにて、告別式前に弔問。

ご焼香を上げさせていただき、安らかなるご冥福をお祈り。

 

その後、ほほえみ福寿の家にて、100歳のお祝い訪問。

お祝いをお渡ししたところ、しっかりと掲げていただき、最後のお礼の一言をいただけました。

 

再び総合斎苑わかくさに戻って、告別式前に弔問。

母も含めて大変お世話になった方でした。感謝の念をお伝えしつつ、ご焼香を上げさせていただきました。

 

午後3時から、今年のドラフトで広島東洋カープから育成4位で指名を受けた、中部学院大学野球部の坂田怜・選手が報告に。

ドラフト後、各新聞等でも紹介されましたが、大学時代、本格派の大型右腕として将来を嘱望され、大学1年時に初完封するなど結果を出すも、心臓の病を発症して手術。

術後、ナックルボーラーとなることを勧められ、まだ戦績は残していないにもかかわらず、ドラフト指名されました。

 

球団としても、これから成長の可能性がある、という見込みでの指名だと思います。

 

f:id:ozeken:20211018220455j:plain
↑ 坂田・選手は上背もさることながら、そもそものガタイ(身体のつくり)が違いますね・・・顔もメッチャ小さくてビックリ(笑)

 

坂田・選手が、目標とする選手のひとりとして、メジャーリーグウェイクフィールド・選手を挙げていましたが、動画を見ると「なるほど」と思います。

 

youtu.be

 

午後4時から、常にご指導をいただいている方と一緒に、大所高所からお話をいただける方を訪問。

 

1時間半近くにわたって、市政全般にわたって、特に教育や子育て支援について意見交換。

 

その後、いつもご指導をいただいている方と懇親会。

 

 「まぁ、市長はすぐに腰の刀を抜くでかなわん!」

 

とお叱りをいただきながら、

 

毎度毎度ありがとうございます。

 

10月17日のブログ「ユックリとした12キロのジョグ、刃物まつりは2万人の方が来場、読みかけの本を読み進め」

今朝も週末のユックリとした12キロのジョグ。

気温がグンと下がって、昨日までは半袖短パンでしたが、今朝は長いタイツと長袖。

 

f:id:ozeken:20211017192205j:plain
↑ 5キロぐらいまではポツリポツリと冷たい雨が降っていましたが、途中でやんでくれたので助かりました

 

季節の変わり目は、体調を崩しやすいですね・・・お互いに気を付けましょう。

 

ジョグの後、ロド☆スタを簡単に洗車。

洗濯機をまわして、洗濯物干し・・・これから洗濯物も乾きにくくなってきますね。

 

午後から、市役所へ。

 

f:id:ozeken:20211017192735j:plain
↑ 駐車場はご覧の通り・・・今日も多くの方が刃物まつりへ

 

3年ぶりの開催となった刃物まつり、2日間で約2万人の方に来場いただきました。ありがとうございました。

 

先月末で緊急事態宣言も解除され、タイミングとしても良かった、と思います。

 

来年の第55回刃物まつりは、コロナ禍の前のようにフルスペックで開催したいものです。

 

午後から夜にかけて、読みかけの本を読み進め。

 

「日本の新時代ビジョン」、「世界の歴史 6」、「図説 世界の歴史 2」、「スパイス、爆薬、医薬品」、「生命科学クライシス」、「エンド・オブ・ライフ」、「死のテレビ実験」、「世界が認めたニッポンの居眠り」、「チョンキンマンションのボスは知っている」、「地図のない場所で眠りたい」。

 

いつもの通り、少しずつ。

 

ホントに細々と続けている英語の勉強ですが、「NHKラジオ英会話」は珍しく数年聴き続けてます。

通常であれば、途中でやめてしまって続かないことがほとんどですが、講師の大西泰斗・先生が楽しいので続いてます。

 

その大西泰斗・先生ですが、今月からテレビでも「英会話☆定番レシピ」という番組が始まってウレシイですね。

 

www2.nhk.or.jp

10月16日のブログ「3年ぶりに第54回刃物まつりを開催、東京フィルトップメンバーによる名曲スペシャルコンサート」

今朝は週末のユックリとした10キロのジョグ。

 

f:id:ozeken:20211016162610j:plain
↑ 今朝の津保川

 

午前9時半から、春日神社にて刃物まつりの奉告祭。

玉串奉奠をして、刃物まつりが事故なく無事に終えることができるようお祈り。

 

f:id:ozeken:20211016193335j:plain

 

その後、部長・課長、親善大使2名と一緒に各会場まわり。

 

関鍛冶伝承館・能州関所茶屋・せきてらす・刃物会館へ。

せきてらすでは、文化財保護センターの職員が古町遺跡について説明していましたが、10名以上の方が熱心に耳を傾けていらっしゃいました。

 

フェザー敷地内では、フェザーの製品を買い求める方の長い行列。

 

分散会場のひとつである保健センターは、西側の出入り口から東側の関川沿いまで、これまた長い行列。

 

保健センター敷地内も2列で並んでもらっている状態だったので、できる限り道路の行列を短くして安全な敷地内に入ってもらうよう、職員に指示をして5列に並んでもらうよう変更。

 

会場に入場する際、検温と手指消毒をしてもらい、チェック後に検温済のシールを貼ってもらうので、どうしても行列はできます。(入場制限する場合もあるため)

 

続いて、大垣共立銀行の駐車場も、同じように歩道に長い行列ができていたので、これまた敷地内に多く入ってもらうよう、職員に同様の指示。

 

急遽、私もチェックシールを渡す係となり、入場の流れをスムーズにするためお手伝い。

 

f:id:ozeken:20211016163838j:plain
↑ 関市観光協会のFBページに、ちょうどその時の写真がありました・・・雨が降らなかったのはありがたいのですが、かなりの暑さでした

 

道路反対側の本町BASEに立ち寄り、関商工のコラボ商品である米粉ドーナツとコーヒーを購入。

 

こちらも多くの方にご来場いただいていました。

 

最後に、善光寺で開催されていたインビテーショナルナイフショーへ。

今年もアウトドアズナイフショーは中止となりましたが、昨年に続いて原ナイフの原さんが中心となっての開催。

 

出展者の方も県外から多く参加いただいていましたし、お話を伺ったところ、ナイフを目当てに朝イチから遠くから来場された方もいらっしゃったそうです。

 

今年の刃物まつりは、例年と異なりかなり制限しての開催であり、積極的にはPRはしていなかったのですが、想定以上の方にお越しをいただきました。

 

誠にありがとうございました。

 

明日17日(日)も刃物まつりを開催しますが、今日と同じく午前中が混み合うことが予想されます。

 

お出かけをいただく場合、午後、それもできる限り遅い時間の方が人混みを避けることができると思います。

 

f:id:ozeken:20210930192132p:plain

f:id:ozeken:20210930192157p:plain

 

今日の廉売市の現場に行った際、長蛇の列を見た途端にスイッチが入って、人の流れがスムーズになるよう、職員には申し訳なかったですが有無を言わさず指示を出しました。

 

「全体の状況を見て、柔軟に対応をするように」と指示を出しても、20代・30代半ばくらいの職員では難しいでしょうが、今日の会場にはそれぞれ課長・主幹レベルがいるわけなので、想定以上の長蛇の列ができた段階で、現場のやり方をすぐに改善してもらいたいところ。

 

事前にシミュレーションして準備しておくことは大切ですが、それと異なる状況が発生したら、あとは現場の判断で臨機応変に対応しないと混乱は収まりません。

 

その場その場での瞬間的な判断が求められるわけですが、こういう場合、「多少間違っていても決断する」ことの方が、「失敗を恐れて何も決断しない」ことより、はるかにマシだと思っています。


午後2時半過ぎ、妻と一緒に叔母のお見舞いへ。

 

病院入院中はお見舞いに行けませんでしたが、今は自宅で療養中であり久しぶりに顔を見るため。

 

ちょうど従兄弟もお子さん達と一緒に見舞いに来て、久しぶりに会うこともできました。

 

幼少時代の写真等も見せてもらって思い出話も。

 

午後から夜にかけて、読みかけの本を読み進め。

 

「世界の歴史 6」、「図説 世界の歴史 2」、「生命科学クライシス」、「エンド・オブ・ライフ」、「死のテレビ実験」、「世界が認めたニッポンの居眠り」、「チョンキンマンションのボスは知っている」、「冒険歌手」、「葛飾北斎」。

 

いつもの通り、少しずつ。

 

昨年度、市制70周年を記念して東京フィルのコンサートを開催しました。コロナ禍ではありましたが、開催できて本当に良かったと思います。

 

今年12月、東京フィルの首席チェリストの金木博幸さんを中心に、東京フィルのトップメンバーの皆さんが来関していただけます。

 

上之保生涯学習センター・武芸川生涯学習センター・文化会館大ホールホワイエの3会場です。

 

市民の皆さんにできる限り気軽にコンサートを楽しんでいただけるよう、チケット代もお求めやすい設定にしています。

 

お楽しみに・・・私も皆さん以上に楽しみです。

 

f:id:ozeken:20211016190331p:plain

 

10月15日のブログ「30年永年勤続職員の表彰、市政功労者表彰式、教育委員会表彰式、秦野市と災害応援協定を締結、10/27はチャレンジデー」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

本日10月15日は、関市の市制記念日。今年で71年目となります。

 

午前9時10分から、30年の長きにわたって市役所に勤めている職員の表彰。

 

フルマラソンに例えて、ゴールに到達するまで体調管理にも気を付けつつ、走り切ってもらうことをお願いし、かつ、今後さらに市役所の中心になって働いてもらうメンバーなので、さらなる活躍をお祈り。

 

午前10時から、市政功労者表彰式。

 

今月号の広報せきの市長コラムにて紹介した「ハーバード成人発達研究」に触れて、受賞された皆さんも各地域・各分野において「良い人間関係」を作るべく、ご尽力いただいたことに感謝を申し上げました。

 

f:id:ozeken:20211015160622p:plain
↑ こちらが広報せき10月号のコラムです

 

その後、打ち合わせや決裁など。

 

午後1時半から、教育委員会表彰式。

 

こちらは教育委員会主催なので、来賓のひとりとして挨拶。

 

コロナ禍において子ども達の不登校・自殺が過去最多となったことに触れ、できる限り、子ども達には学校生活や修学旅行等のイベントも開催して、集団生活の中で子ども達の笑顔が見ることができるよう、今後ともさらなるご協力をお願いしました。

 

午後2時40分から、自衛隊岐阜地方協力本部の二木裕昭・本部長と面談。

国防費や自衛隊隊員募集、災害時の自衛隊派遣要請、総合防災訓練等について意見交換。

 

午後3時半から、神奈川県秦野市との災害応援協定の締結式。

 

本来であれば、秦野市の高橋昌和・市長に関市にお越しをいただく予定でしたが、コロナ感染防止のため、本日の締結式はオンラインで行いました。

 

f:id:ozeken:20211015214123j:plain

 

平成30年5月にチャレンジデーで対戦をしたのが秦野市ですが、同年7月の豪雨災害時、秦野市役所の職員の皆さん9名が、支援物資や消毒噴霧器を車に積んで、ただちに関市まで駆けつけていただきました。

 

そのときの驚きと感謝の思いは、今でも忘れることはできません。

 

その後、秦野市役所を訪問して、改めて高橋・市長はじめ職員の皆さんにお礼をお伝えしました。

 

今回の災害応援協定は、チャレンジデーがご縁で災害応援協定を結ぶのは、今回が全国でも初めて、ではないか、と思います。

 

災害は起こってほしくありませんが、万が一の備えは重層的・複層的に枠組みを作っておきたい、と思います。

 

f:id:ozeken:20211015214147j:plain
↑ 高橋・市長、秦野市役所の皆さん、ありがとうございました

 

そして、今年のチャレンジデーは、今月10月27日(水)に開催されます。

今回の対戦相手は、山形県米沢市京都府福知山市です。

 

当日、15分以上、身体を動かした市民の参加率を競うものです。どんな運動でもかまいません。

 

コロナ禍で身体を動かす機会が減ってしまっている市民の方も多いと思います。

 

ぜひ、チャレンジデーにご参加ください。

 

f:id:ozeken:20211015160900p:plain

f:id:ozeken:20211015160931p:plain



www.city.seki.lg.jp