「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

8月10日のブログ「岐阜RISEの滝下ひなたさんがソフト全国大会出場、横須賀美術館の運慶展、神奈川県立近代美術館の鎌倉別館」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時15分から、岐阜RISEの一員としてソフトボールの全国大会に出場する滝下ひなたさん(緑ヶ丘中2年)と面談。

県内では大垣ミナモクラブが強豪だそうですが、今回は決勝タイブレークでの接戦で勝ち上がっての勝利。

 


↑ 守備ではファーストやショート、打撃ではクリーンナップを担うことが多いそうです・・・チームの要ですね

 

8月13日からの全国大会、活躍を期待しています。

 

面談後に市役所を出て、新鵜沼駅から名古屋駅へ。

 


↑ 名古屋駅の新幹線ホームで冷やしきしめん

 

数日前から妻が実家の鎌倉に帰っているのですが、公務が調整可能だったため、急遽、鎌倉に行くことに。

 

横浜駅で降りて、JR・京急・バスを乗り継いで横須賀美術館へ。

 

以前から「運慶展」を開催していることは知っていたのですが、東京出張のときでも、さすがに横須賀までは遠いので足を伸ばせませんでした。

 

横浜駅からでも1時間半かかりますから、なかなかの距離です。

 


 

運慶は画集では観ていたのですが、実際に本物を見ると迫力が違いますね。

 

週刊新潮の表紙をずっと描かれていた谷内六郎さんの作品も観ることができました。

 

 

その後、再びバス・JRを乗り継いで、神奈川県立近代美術館の鎌倉別館へ。

 


↑ 小町通りはかなりの人出でした

 


↑ 建物は良い雰囲気だったのですが・・・

 


↑ 庭園の彫刻はともかく、内部の展示は私のイメージとは違ってました

 

鎌倉駅からバスに乗って、3年ぶりに妻の実家へ。

 

義父が鎌倉の歴史や運慶と鎌倉の繋がりも研究していたので、運慶と鎌倉幕府の関わりについて教えてもらいました。

 

夜は大4息子も合流して一緒に食事。

 

鎌倉に来たのは3年ぶり・・・実に2019ラグビーワールドカップの決勝戦以来です。

8月9日のブログ「道路・河川関連の合同総会、県庁・中部地整に河川関係団体の合同要望、お通夜に参列」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入って、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、市役所6階会議室にて「関金山線・上之保下袋坂線 改良促進期成同盟会」・「津保川改修促進協議会」の合同総会。

 

 

会長として挨拶の後、両総会ともに議長として議事進行。

 

所期の目的を達成するため、継続して要望活動を続けていきます。

 

その後、協議など。

 

午後1時半から、県庁にて河川関係団体の合同要望。

 

古田はじめ・知事に対して、津保川河川改修事業の御礼と今後の事業推進について要望。

 

午後3時20分から、国土交通省中部地方整備局にて、河川部長等に対して合同要望。

 

平成30年7月豪雨災害後の支援に対して改めてお礼をお伝えして、今後の事業推進について要望。

 

午後5時半から、メモワール関にて、お世話になった方のお通夜に参列。

いつもお会いするときは、明るい笑顔の方でした。

これまでの御礼をお伝えして、ご焼香を上げて安らかなるご冥福をお祈りしました。

 

帰りに、修理をお願いしていたロド☆スタを受け取りに。

エンジンオイル漏れに対して、ヘッドカバーパッキン・キャップを交換してもらいました。

 

もう24年を超えている車ですから、経年劣化があちこちで起きるのは致し方ないですね。

 

これでオイル漏れが止まると良いのですが。

8月8日のブログ「岐阜大学生からまちづくりに関する事業提案、藤吉鋸加工所・多田化成工業を訪問・・・節目の200社、建設業協会との意見交換会」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前10時半から、せきてらすにて岐阜大学の学生から、まちづくりに関する事業提案。

岐阜大学・工学部社会基盤工学科の髙木朗義・教授の指導の下、4月からの実際の現地視察も踏まえて、3グループが提案をまとめてくれました。

 

キーワードは、「野点傘」・「土管」・「サウナ」でしたが、それぞれ切り口が面白く、私自身が知らない事例もあって、(へぇーっ)と感心することが何回も。

 


↑ 髙木朗義・教授はリモート出席でしたので、髙木先生をバックに記念撮影・・・学生の皆さんは今日は自由参加だったそうですが、17名全員が出席してくれました

 

ありがとうございました。

 

その後、市役所に入って打ち合わせや決裁など。

 

午後から、2社を企業訪問。

 

午後2時から、池尻にある有限会社藤吉鋸加工所を訪問。

今年5月に開催したビジネスプラス展 in SEKIにも参加いただきました。

 

今日は藤吉英二・社長にご対応をいただきました。

 

社名に「ノコギリ」が入っている通り、もともとは製材関係がメインだったそうですが、現在は金属を切断するメタルソーの比重を増やしていて、特に再研磨を短期間で納品することで差別化を図っていらっしゃいます。

 

また、プラスチック粉砕・破砕刃も多く取り扱っていますが、金属を切断する刃も含めて、再研磨の頻度が思った以上に高く驚きました。

それぞれ頻度の差はあるようですが、10日間~2週間で再研磨する・・・と伺って、製造に比べて単価は落ちても、安定的な業務となりますね。

 

 

特に営業をかけずとも、現在は口コミ等で仕事が受注することができ、忙しい状況が続ているそうです。

 

刃物関係の工場は多く訪問していますが、一味違った切り口のお仕事でした。

 

続いて、午後3時15分に小瀬の多田化成工業有限会社へ。

今日は多田壽夫・社長にご対応をいただきました・・・が、関市消防団長・岐阜県消防協会長として、私自身、大変にお世話になった方です。

 

久しぶりにユックリとお話しできました。

 

プラスチック製品の成型・加工が事業で、ハサミ・包丁等の刃物関係の他、自動車・機械部品等も取り扱っていらっしゃいます。

 

コロナ禍の影響をお尋ねしましたが、影響を受けて落ち込んだものもあるものの、巣ごもり消費で好調の製品もあり、大きな影響は出ていないそうです。

 

 

実は関青年会議所の多田幸泰・理事長は、多田壽夫・社長のご子息で、その意味でもお世話になっているのですが、今日は関市環境審議会の会議に参加をいただいたのでお会いできませんでした。

 

ちなみに、多田化成工業の訪問で、10年間続けてきた企業訪問がちょうど200社という節目を迎えました。

 

 

市役所に戻って、打ち合わせや決裁など。

 

午後6時から、兼永町の魚國にて建設業協会役員の皆さんとの意見交換会

コロナ禍ということで、限られたメンバーでの開催。

 

コロナ禍での3年弱、こういう機会はどうしても少なくなってしまっていますが、今日はざっくばらんに、文字通り「意見交換」できました。

 

平成30年7月豪雨災害のとき、建設業協会の皆さんには、早期の災害復旧・災害ゴミの処理など、被災された皆さんのために大変なご協力をいただきました。

 

今日は改めてお礼をお伝えしつつ、あって欲しくはないですが、万が一、関市が被災したときのサポートもお願いしました。

 

 

8月7日のブログ「地元の神社・お墓の草刈り、週末の10キロのジョグ、せきてらすにてチチフェス、お通夜に参列」

今朝は午前7時に、地元東田原の八幡神社へ。

自治会の臨時総会の後、恒例の神社とお墓の草刈り。

 


↑ 結構な草の勢いです

 


↑ 草刈り奮闘中の幼馴染のTくん

 


↑ 綺麗になりました

 

休憩時には恒例の「カップ氷」・・・昔懐かしのアイスですが、1年に1回の楽しみです(笑)。

 

その後、移動してお墓の草刈り。

 


↑ お宮より、こちらの方が大変です

 

お宮にもお墓にも蜂の巣があったようで、実際に刺された方もいらっしゃいました。

 

私が刈っていたところも蜂の巣がある、ということで、そこは刈り残すことに。

 

途中、放置してあった大きな木の枝に、草刈りの刃が食い込んでしまい、抜けなくなりってしまいました。

アクセルを最低に落として、刃を抜こうとしていたのですが、私の姿を見ていた方から、「エンジンを止めないと」とアドバイス

 

確かに指摘の通りで、いくらアクセルを落としていても、刃が回り出す可能性はあるので・・・今後、気を付けます。

 

午前9時前には自宅に戻ったので、作業時間はそれほど長くありませんが、なかなかの作業でした。

 

その後、少し休んでから週末の10キロのジョグへ。

・・・が、草刈り作業の影響で、足が思ったように動かないので、途中、何度も歩きながら。

身体は正直です。

 

洗濯機をまわし、洗濯物を干してから、新聞や雑誌等を結束。

 

午後1時過ぎに自宅を出て、新聞・雑誌・段ボール・空き缶等を田原小横の資源ボックスへ。

 

その後、せきてらすで開催中の「チチフェス」へ。

 


↑ 唯一、撮影した写真がピンボケしてしまってますが・・・

 

sekikanko.jp


関牛乳を使ったいろいろなスイーツがあったのですが、私はカフェマビッシュとプティラパンのスイーツを購入。

 

また、屋外で販売していたビタヨーグルトを購入・・・紙パックではなく瓶でビタを飲んだのは久しぶりかも。

 

私がお邪魔した午後1時半過ぎで、450名近くの方が来場されていました。

 

その後、市役所へ。

 

 

午後6時半から、総合斎苑わかくさにて、お通夜に参列。

 

板取村で助役まで務められ、合併後も自治連板取支部長はじめ長年にわたって地域に尽くされた方で、私自身もお世話になりました。

 

いつも穏やかな人格者で、優しい笑顔を浮かべていらっしゃるお顔しか思い出せません。

 

私の思いとしては明日の告別式に参列したかったのですが、公務が入っているため参列が叶わず残念です。

 

今晩のお通夜にて、これまでの御礼をお伝えしました。

 

8月6日のブログ「週末の10キロのジョグ、六ツ星会主催の点字奉仕活動PR事業、沖縄戦・原爆 写真展、関市ふるさとワーキングホリデー」

今朝は広島に原爆が落ちた午前8時15分に自宅で黙祷を捧げてから、週末のユックリとした10キロ強のジョグへ。

途中、現地確認のためにジョグコースをいつもと少し変更して。

 


↑ しばらく雨が降っていなかったこともあり、津保川水位はそれほど上がっていませんでした

 

今日は天気がイマイチだったこともあり、洗濯機をまわしたのは1回だけ。

 

朝昼兼用の食事をとってから、午後1時過ぎに自宅を出て総合福祉会館へ。

午後1時半から、関六ツ星会主催の点字奉仕活動PR事業に出席。

 

関六ツ星会の皆さんには、長年、広報やごみカレンダーなどを点訳いただいています。

 

また、最近はコロナ禍で開催できていませんが、毎年、視覚障害者協会・音訳の会しおんの皆さんと一緒に車座集会の場を持ち、いろいろな意見交換を重ねてきました。

 

今日は講師として、県視覚障害者福祉協会の山田智直・会長が「視覚障がい者と共にあゆむ」と題して約1時間の講演。

 

 

演台上の点字の原稿を指で読みながら・・・テレビ等の映像ではなく実際に点字を読む姿を見たのは初めて、かもしれません。

 

講演の後、実際に点訳の体験等もありましたが、私はその前に失礼しました。

 

その後、わかくさ図書館前で展示されていた、「沖縄戦・原爆 写真展」へ。

昨日も一昨日も図書館に立ち寄っているのですが、広島に原爆が落ちた今日、写真展を見ようと思っていました。

 

もう8年前になりますが、当時、中2と小5の子ども達を連れて、広島の原爆ドーム・平和記念資料館を訪問しています。

 

oze-ken.cocolog-nifty.com

 

改めて、黙祷。

 

その後、市役所に立ち寄り。

 

 

午後から夜にかけて、読みかけの本を読み進め。

 

「世界の歴史 10」、「図説 世界の歴史 8」、「公文書危機」、「文系と理系はなぜ分かれたか」、「ふたつの日本」、「人間・始皇帝」、「木材と文明」、「平気で暴力をふるう脳」、「微生物ハンター、深海を行く」、「中国 虫の奇聞録」、「バーニングマン アート・オン・ファイアー」。

 

いつもの通り、少しずつ。

 

昨日の市新型コロナ対策会議でお願いした、関市ホームページでの分かりやすい情報提供ですが、トップページにバナーを貼ってくれました。

 

 

www.city.seki.lg.jp

 

先日の記者会見で発表した事業を紹介。

「関市ふるさとワーキングホリデー」の参加者募集について。

 

コロナ禍前から計画していた事業ですが、ずっと延期となっていました。

 

詳しくは 公式ホームページをご確認ください。

 

 

seki-furusato-wh.com

8月5日のブログ「洞戸支部から要望書の受領、県コロナ対策本部員会議、市新型コロナ対策会議など」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

昨晩から朝にかけては、気温が下がって寝苦しさは感じなかったですね。

 

午前10時から、自治連洞戸支部から要望書の受領。

要望内容についての意見交換の他、8月15日(月)に6年ぶりに開催される「清流板取川花火大会 in 洞戸」の話も。

 

今回は洞戸地域だけではなく、板取地域にも幅広く声をかけて、地域全体の花火大会を洞戸で実施するかたちをとられたそうです。

 

「ほら、どーん」と明るく

 

というキャッチフレーズは、板取川中生徒から応募した中で決定したもの・・・コロナ禍が続く中での久しぶりの花火大会にピッタリですね。

 

 

また、以前も紹介した通り、8月13日(土)は3年ぶりに「関市民花火大会」を開催します。

 

 

13日(土)・15日(月)ともに、天気が良いことを祈っています。

その後、打ち合わせや決裁など。

 

ある分野に対しての新たな補助制度に関する協議。

この10年間余り、おかしいと感じたことは徐々に変えたりしてきたつもりですが、まだ整理しきれないものが残っているのも事実。

 

今日、改めて過去の経緯を確認して、(よくもまぁ、こんなことがやれたもんだ)と憤慨しつつ、呆れつつ。

 

午後1時半から、県コロナ対策本部員会議。

 

 

本日、愛知県・三重県と歩調を合わせて「岐阜県BA.5対策強化宣言」が出されました。

 

文字通り「対策強化」ですので、社会経済活動の制限等には踏み込まず、医療・療養・検査体制の強化、感染防止対策の徹底、ワクチン接種の加速化などについて、改めて取り組む内容です。

 

www.pref.gifu.lg.jp

 

なお、今週末に開設する診療・検査医療機関県ホームページで確認できます。

 

www.pref.gifu.lg.jp

 

終了後、引き続き市新型コロナ対策本部会議を開催。

 

私からは、お盆前後の帰省シーズンに合わせて、関市ホームページを確認すれば、コロナ関連の情報が一通り分かるように、改めて関連情報を整理してもらうようにお願い。

 

お盆前後は人の動きが多くなります。

 

お互いに感染対策に気を付けましょう。

 

8月4日のブログ「再び名都美術館へ、9月補正予算案の査定終了、3回目・4回目ワクチン接種は個別接種で」

今朝は雷鳴が轟いていましたが、光ってから音が鳴るまで時間があったので、いつものユックリとした5キロのジョグ。

雨にもそれほど降られずに帰ってこれました。

 

先日も書いた通り、今日は道路関係の大会・要望活動で東京出張の予定でしたが、コロナ感染拡大を受けて中止に。

 

日程が空いたので、長久手市名都美術館へ。

6月に刀剣ワールド名古屋の視察に行った際、たまたま立ち寄った美術館なのですが、平山郁夫の「月明の砂漠」・「永平寺の森」の群青・深緑がとても印象に残りました。

 

感動した勢いで、「月明の砂漠」のアートポスターを誕生日のプレゼントにしてもらい、今は自分の部屋に飾ってます。

 

6月といくつかの展示作品が替わっていたので、再び訪問することに。

 

前回より人が少なかったこともあり、改めて「月明の砂漠」・「永平寺の森」の2作品もユックリと鑑賞できました。

 

帰る際に、それぞれのポストカードも購入。

 


↑ どちらの作品も、実際にはもっと色が濃く深く感じます

 

午後から、市役所に入って打ち合わせや決裁など。

 

9月補正予算案は、最後にひとつだけ残っていた調整案件も今日、最終的に判断をして本当の意味で査定終了。

 

新たに基金を作ったり、堅調なふるさと納税の状況を受けて増額補正することもあり、80億円を超える予算規模となります。

 

ちなみに、令和3年度の関市のふるさと納税額は約40億8千万円、全国の自治体の中で26位でした。

 

令和2年度は約49億円で全国14位でしたので、金額と順位は下がりはしましたが、それでも「日本一の刃物のまち」として、全国の多くの皆さんから関市を選んでいただいています。

 

ありがとうございます。

 

ただし、現在のふるさと納税制度が永続するとは考えられませんし、廃止までいかないにせよ、制度の変更・縮小は大いにあり得る、と考えています。

 

関市としては、ふるさと納税制度内の土俵上ではしっかりと相撲をとって活用に努めまて結果を出したい、と思いますが、同時に、財政運営上はふるさと納税の歳入に過度に依存しないように気を配っています。

 

昨日も書いた通り、本日8月4日(木)をもって、わかくさ多目的ホールの集団接種は終了しました。

昨日と今日は予約枠に余裕があったため、3回目・4回目接種の「予約なし接種」を実施しました。

 

3日(水) 予約なし接種 61名(内 3回目接種20名)

4日(木) 予約なし接種 130名(内 3回目接種34名)

 

感染拡大に伴い、3回目接種を希望される方も増えてきているので、予約なしでの接種機会を提供できたことは良かったです。

 

今後は個別医療機関のみでの接種となります。

 

4回目接種を希望される方は、以下のHPをご確認ください。

 

www.city.seki.lg.jp

 

3回目接種を希望される方は、以下のHPをご確認ください。

 

www.city.seki.lg.jp