「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

10月27日のブログ「下有知で火災発生、火事お見舞い、100歳のお祝い訪問、コロナ感染症に係る意見交換会、坂東玉三郎さんの舞台」

昨晩は午後11時過ぎに危機管理課長から、下有知で家屋が火災中で消火活動について連絡。

午前0時前に再び課長から火災の状況報告、午前0時半に市長公室長から怪我人等の状況報告。

全焼との連絡だったので、2世帯の皆さんの当面の住まいを手配するように依頼。

 

午前2時前と午前2時過ぎに、それぞれの世帯の落ち着き先について、福祉政策課長から連絡。

 

午前10時半に、火事お見舞いに伺って、2世帯の方に関市からのお見舞金をお渡しをして、ご負担を軽くするため福祉政策課が窓口となって関係課と調整すること、どんなことでも市役所に相談をしていただくよう、お伝えしました。

災害と同じく、こういうお困りになった方への支援こそ、市役所の役割です。

 

怪我をされたお二人が入院されていますが、火の中にいた方をもうお一人が助けに入られたそうです・・・とにかく命が助かったことが不幸中の幸いです。

また、夜を徹して活動をいただいた、消防団下有知分団の皆さんに、感謝の言葉をお伝えしました。

さらに、地域の公民センターで過ごされるにあたり、多くの地域の皆さんにご協力をいただいています。

 

午前11時から、小屋名のラクアデイサービスを訪問して、100歳を迎えられた方に関市からのお祝いをお渡し。

女性の方でしたが、とてもしっかりとされていて、会話を楽しむことができました。

「100歳の秘訣はなんですか?」とお尋ねしたら、お嫁さんが作ってくれる肉や野菜がバランス良く入った美味しい食事のお陰・・・だそうです、素晴らしいですね。

また、利用者の方で4月に100歳を迎えられた女性の方も、ちょうど今日お越しになっていたので一緒に写真撮影。

4月あたりはコロナ感染防止のため、しばらくの間、お祝い訪問ができませんでした。

100歳の方お二人とのスリーショットは貴重ですね。

 

午後2時から、県庁にて新型コロナウイルス感染症に係る意見交換会

9月以降にクラスターが発生した、関市・多治見市・可児市土岐市の市長が出席をして、平木・副知事や村上・岐阜大名誉教授等と意見交換。

これまでのクラスター発生の状況、クラスターが発生しやすい条件等について説明をいただいた後、それぞれ発言。

 

私からは、市内の工場長から「全国に工場があるが、迅速に濃厚接触者のPCR検査をしてもらえたところは岐阜県だけ」という感謝の言葉をいただいたので、担当者の皆さんにお伝えしました。

また、事業者や市民の皆さんに対して、感染防止対策の呼びかけはしているが、以前のような休業要請や協力金もない状態で、最後はそれぞれの意識・行動・マナーに頼るしかない、と考えているしが、そこに限界があり難しさを感じている、ということも。

 

村上先生からは、医学的な見地からいくつかアドバイスをいただいたのですが、特に「マスクをすることが大切」と最後に強調されていたのが印象に残りました。

 

県庁を出て、明日の要望活動で東京に向かうため名古屋駅へ・・・のつもりだったのですが、iPad miniを自宅に忘れてしまい、一旦、自宅へ。

iPhoneは持っていたので、(なんとかなるかな・・・)とも思いましたが、このブログひとつ書くにも、やはりタブレットでないと大変なので。

 

午後6時半過ぎに宿泊ホテルにチェックインして、午後7時前にホテルを出て歌舞伎座へ。

たまたまですが、本日が千穐楽(せんしゅうらく)。

f:id:ozeken:20201027220838j:plain

 

午後7時半から、坂東玉三郎さんの舞台。

 

坂東玉三郎さんといえば、関市唯一の人間国宝である土屋順紀さんが大ファン。

坂東玉三郎さんに関市にお越しいただき、土屋順紀さんと人間国宝お二人による対談も文化会館にて開催したこともあります。

 

その際、坂東玉三郎さんにお会いしてご挨拶の機会をいただき、写真も一緒に撮ってもらったので、 私も勝手にファンになってます。

 

今日は、舞台での口上の後、舞台下の奈落や楽屋を玉三郎さんが案内する映像や、映像と組み合わせた楊貴妃の舞踊。

 

通常の歌舞伎公演とは異なりましたが、これはこれで珍しいものでしたので楽しめました。

千穐楽の最後の出演者ということもあり、最後は拍手が鳴り止まず、一度、下りてきた緞帳が4回(5回?)上がりましたよ。

 

ちなみに、歌舞伎座も一席空けての座席となっていました。

10月26日のブログ「美濃土木事務所長と面談、12月議会の補正予算案査定、地区労と「市長と語る会」」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、美濃土木事務所の鷲野・所長と面談。

県建設技術者協会の要望書の受領・・・がメインでしたが、関市の県事業の状況や、津保川河川改修等についても意見交換。

 

毎年、美濃土木事務所と市役所基盤整備部の懇親会を開催しているのですが、今年はコロナのために開催できず。

年が明けて、コロナが落ち着いていたら、少人数での懇親会を開きましょう、とお声がけ。

f:id:ozeken:20201026203936j:plain
↑ 今日の市長室からの借景・・・秋らしい快晴でした

 

午前10時半から、12月議会に提出する補正予算案の査定。

コロナの影響による市税の減収、事業者等に対する支援、事業の見直しによる変更など。

 

途中の昼食休憩をはさみながら、午後3時前まで。

 

いくつか宿題というか、協議がさらに必要な事業は残ったので、こちらは改めて協議することに。

 

 

午後6時から、ワークプラザにて地区労との「市長と語る会」。

先日、いただいた要望書に対する回答をもとに、さらなる要望や質疑。

 

f:id:ozeken:20201026204013j:plain
↑ 意見交換に入る前に、冒頭、ご挨拶

 

要望としては、市職員の労働条件の改善、小中学校での35人以下学級、市役所が災害対応に責任を、長良川鉄道の利用促進・PR、無年金・低年金者への支援、勤労会館の利用しやすさ、など。

 

この他、肥田瀬北グラウンド、ハザードマップ、補聴器購入補助等について質問や要望など。

 

10月25日のブログ「市役所の防災訓練、関商工ラグビー部・100回記念の花園出場決定、NHK「SONGS」にLiSAさん出演」

今朝は市役所の防災訓練のため、午前6時半の危機管理課長からの電話でスタート。

 

午前7時半に自宅を出て、防災服で市役所へ。

今回はコロナ感染防止のため、市役所のみでの訓練としました。

 

午前8時に災害対策本部に集合し、午前8時半から災害対策本部の運営訓練。

前回は台風による水害を想定した訓練でしたが、今回は大規模地震を想定した訓練。

 

f:id:ozeken:20201025170719j:plain

 

前回、事案・指示・対応等を書き込むジャーナルの流れが悪かったので、今回から3枚複写のものに変更。

また、緊急・重要な情報が電話で入ったときには、その場でマイクを使って災害対宅本部全体で情報共有。

これらは、前回より改善できた点でした。

 

ただし、今回もジャーナルをホワイトボードや地図に落とすところに、やはり抜けが出たり、タイムラグが生じたり。

また、事案発生や指示まではホワイトボードで確認できても、その後の対応結果が分かりづらい状態もありました。

 

幸いにして訓練ですので、本番に備えて改善することができます。

何度も訓練を繰り返して、改善を重ねていくしかありません。

 

準備はしっかりとしておかなければなりませんが、いざ災害時にはかなりの程度、その場その瞬間での瞬発力というか、柔軟性というか、対応力というか、こういったものに負う部分もあります。

 

これを学べば力がつく・・・というものでもないでしょうから、最終責任をすべて背負う覚悟を持って決断するしかありません。

 

f:id:ozeken:20201025172406j:plain
↑ 避難所運営訓練を行っていた中池体育館の映像をLINEで確認したり、各地域事務所長からZOOMを使って現地報告を受けたり・・・という訓練も

 

午前11時前に帰宅してから、ユックリとした5キロのジョグ。

週末ですので最低10キロは走りたいところながら、次の日程のため短く。

 

午後12時40分に自宅を出てメドウ競技場へ。

高校ラグビー花園予選の決勝戦・・・関商工vs岐阜工。

 

試合前、県ラグビー協会の田代正美・会長、山口眞里・理事長にもご挨拶できました。また、高校時代の恩師である高橋義明・先生にも久しぶりにお会いできました。

 

午後1時35分にキックオフ。

試合開始直後、岐阜工のフォワードが当たってラックにして、ピックアンドゴーというシンプルな攻撃であっという間に関商工ゴール前・・・ゴール前ディフェンスで関商工は粘れず、あっという間に先制トライ。

 

反撃をしたい関商工、相手の反則やミスにも助けられて、何度か岐阜工ゴール前まではいくのですが、岐阜工のゴール前ディフェンスが激しく、トライを取り切って帰ることができません。

 

ゴール前、バックスに回せばチャンスがありそうにも見えるのですが、関商工はひたすらゴリゴリのフォワード戦・・・これは前半はフォワードで、という指示が出ていたのかもしれません。

 

前半終了間際、こだわったフォワードでやっとトライを取り、7vs7の同点で前半は終了。

 

f:id:ozeken:20201025172424j:plain

 

後半は先に得点したいところでしたが、これまた後半開始早々、前半開始と同じように前に前にと勢いをつけて当たって、ピックアンドゴーをしてくるフォワードを止めることができず、あっという間に岐阜工がトライ。

 

早めに返したい関商工でしたが、この後にもさらに逆にトライを奪われ、7vs21と2トライ2ゴール差をつけられ、これ以上は離されてはいけないギリギリのところへ。

 

この後、関商工も踏ん張り、フォワードがモールを押し込みトライ・・・ゴールキックは外れて12vs21。

 

イヤなムードが漂いつつあったのですが、後半17分、キャプテンでセンターの上野・選手が、スパーンと音が聞こえるような勢いで綺麗に抜けて、ゴール前でも2人をかわしてゴール下にダイブしてトライ。

 

サインプレイだったようですが、ゲームの流れも一変させる見事なプレイ、トライでした。

 

f:id:ozeken:20201025173159j:plain

 

キャプテンのトライで関商工にさらに勢いがつき、ついに逆転のトライ、ゴールキックも決まって26v21とこの試合で初めてリード。

 

このままリードを守り切り、26vs21でノーサイド・・・関商工、100回記念の花園大会に、43回目の出場を勝ち取りました。

 

おめでとうございます。

 

また、惜しくも敗れた岐阜工も、素晴らしいチームでした。特に、フォワード・バックスが一体となって、前に進む力・スピードは目を見張るものがありました。

今年は100回記念ということで、出場チーム枠が拡がっており、準優勝の岐阜工にもまだ花園出場のチャンスがあります。

ぜひ、花園出場を勝ち取ってもらいたい、と思います。

f:id:ozeken:20201025192935j:plain
↑ 試合開始前、関商工のマスクをいただきました

 

前半、自分のマスクを着けていたのが苦戦の原因か・・・と思い、後半からこの関商工マスクに替えたのですが、14点差をつけられ、マスクの効果は・・・と思いましたが、そこから逆転できたのでやはりマスクのご利益です。


 

 

昨晩のNHK「SONGS」・・・関市の皆さんも、多くの方がご覧になったのではないか、と思います。

 

桜ヶ丘中時代の担任の兼松先生が、画面に映った途端に涙を浮かべたLiSAさんの姿が印象的でした。

www.nhk.or.jp

 

関市にとって、市制70周年・合併15周年の節目の年に、記念事業のメインのひとつとして、文化会館でのLiSAさんのコンサートを企画していましたが、残念ながらコロナのために開催できませんでした。

 

昨晩の番組の中でも、兼松先生からの「関に来てくださいね」という呼びかけに、LiSAさんも「落ち着いたら行きます」という旨、返してもらえましたね。

 

コロナの状況を見ながら、ではありますが、今後もお願いをしていきたい、と思います。

10月24日のブログ「シニアゲートボール大会の開会式、絵画展・書道展の鑑賞、お通夜に参列、コンビニ無人店舗」

今朝は走らず。

 

午前8時半から、松原グラウンドにて、第43回シニアゲートボール大会の開会式。

先週17日(土)に予定されていましたが、雨のために本日に延期・・・コロナの影響で、外出や運動の機会が減っているときですので、参加した皆さんも楽しみにされていた、と思います。

 

f:id:ozeken:20201024203653j:plain

 

感染防止に気を配りながら、太陽の下で仲間と一緒に運動する1日を楽しんでください、と挨拶。

 

その後、神谷・体育協会長としばし懇談。

 

次の日程まで時間が空いていたので、一旦、市役所入り。

f:id:ozeken:20201024204536j:plain
↑ 市長室からの本日の借景

f:id:ozeken:20201024204603j:plain
↑ 分かりづらいですが、テクノハイランドに向かう木々が赤く色付いてきました

 

午前10時に市役所を出て、本町まちかどギャラリーの「みきの会」絵画展、関信本町支店ギャラリーの書道展を鑑賞。

「みきの会」は傍島幹司・先生が講師の絵画教室。

傍島さんは、昨年、2回にわたってパリに滞在されたそうなので、次にお会いしたときにお話を伺うのが楽しみです。

 

f:id:ozeken:20201024203734j:plain
↑ 関信ギャラリーは小泉杏舟・先生の教室の書道展・・・毎年、丁寧に作品について説明をいただけます

 

自宅に戻ってから、週末のユックリとした12キロのジョグ。

 

f:id:ozeken:20201024205206j:plain
↑ 昨日は雨でしたが、津保川の水位はそれほど上がっていませんでした

f:id:ozeken:20201024205258j:plain
↑ いつものお気に入りのスポットからの関・南アルプス

 

自宅にもうすぐ到着・・・というところで、かなり強めの天気雨。

 

自宅に急いで帰ったら、2階ベランダにはシーツやら毛布やらが干しっ放し・・・

 

 「雨が降ってる!」

 

と叫びました・・・洗濯マスターとして(苦笑)。

 

どうせ洗濯物は濡れているから雨でも大丈夫・・・と思うかもしれませんが、雨で大気中のチリやホコリなどの汚れがつくので好ましくありません。

 

改めて洗濯機をまわし、洗濯物を干し、読みかけの本を読み進め。

 

「ベスト&ブライテスト 中」、「ミカドの肖像」、「米欧回覧実記 4」、「ギリシア哲学入門」、「代替医療のトリック」、「中原中也 沈黙の音楽」、「ミュシャのすべて」。

 

午後5時20分に自宅を出て、岐阜市内の斎場へ。

午後6時から、市役所部長の義理の御母堂様のお通夜に参列。

喪主様が山県市職員ということで、林・山県市長も参列されていました。

 

ご焼香を上げ、安らかなるご冥福をお祈り。

 

今朝の日経新聞の一面は、コンビニ店舗の完全無人店の記事。

f:id:ozeken:20201024212018j:plain
↑ 昨年6月、アメリカ・ニューヨークで無人店舗のamazon goを体験しましたが、当たり前のように進んでいくのだと思います

 

amazon goは無人店舗という触れ込みではありますが、私たちも含めて慣れない人もいるので、レジ代わりのゲートにスタッフ1名は常駐していました。

 

コンビニ店舗の店員が減れば、経営側からすればコストの削減(システムの投資は必要ですが)となりますが、労働側からすれば職が減ることになります。

 

昨年度の日本における大学・短大進学率は58.1%、約6割が大学・短大に進学していることになりますが、現在の日本において求人が果たして大卒等に見合ったものか、というと、かなりギャップがあるように思います。

 

関市はものづくりのまちであるので、余計にギャップが強いかもしれませんが、コロナ前に市内の企業・工場をまわると、とにかく製造現場の人が足りない、という声を多く聞いてきました。

 

製造現場の人手が足りないからこそ、海外からの実習生等が必要となり重用される、という現状もあります。

 

大学・短大に進学する・・・ということは、昔であれば全体をマネジメントする管理職となるイメージですが、民間企業でも行政でも・・・少なくともこの関市内ではマネジメント部門に6割もが必要・・・ということはないでしょう。

 

では、東京などの都市部なら大卒・短大卒が6割必要なのか・・・というと、やはりそこまでの状況ではないでしょう。

 

大学や短大を出れば就職も恵まれ、年収も高くなる・・・という時代がありましたが、今はそういうメリットが分かりづらくなってますね。

 

こういう現状を考えれば、日本社会の最低でも6割が高学歴に見合った職があるように刷新が繰り返されるか、もしくは、大卒等の卒業生供給が過剰になる、ということになるのでしょう。

10月23日のブログ「告別式に参列、100歳のお祝い訪問など」

今朝は雨が降っていたので、玄関を出ようとしたら、母から、

 

 「おまはんはアホか」

 

と3回ぐらい言われましたが(苦笑)、いつものユックリとした5キロのジョグ。

 

自覚したる平凡人にはいきなり大きなことはできないので、日々の小さな積み重ねこそがすべて。

 

午前10時半から、ルネス関にて社会福祉協議会の会長等を務めていただいた森島力雄さんの告別式に参列。

いつお会いしてもニコニコと穏やかな笑顔と物腰の方でした。

長年にわたって、地域社会のためにご貢献をいただいたことに、改めて感謝の気持ちをお伝えしながらご焼香を上げさせていただきました。

今まで大変お世話になりました。ありがとうございました。安らかにお眠りください。

 

午後2時から、特養せきこもれびにて、100歳のお祝い訪問。

もともとは午前中に訪問する予定でしたが、告別式が入ったために時間を変更していただきました。

関市からのお祝いをお渡ししたところ、

 

 「市長さん、お忙しいところお越しいただき、ありがとうございました」

 

と、逆に感謝の言葉をいただきました。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

その後、いくつかの課題について協議。

 

 

日中、写真を1枚を撮っていなかったので、夜に自宅でムリヤリ撮影(苦笑)・・・やはり1枚でも写真があると印象が違いますよね。

 

f:id:ozeken:20201023205622j:plain↑ ハンガーラックのカバーが破れてしまったので、本日、100円ショップで購入

 

f:id:ozeken:20201023205746j:plain
↑ 自宅用も市役所用もどちらも珈琲豆が切れたので、本日、開化珈琲にて計400gを購入

10月22日のブログ「国交省・財務省・国会議員の皆さんに河川団体要望、N響コンサート、クラスター発生を受けての市長メッセージ」

今朝は東京出張のために朝は走らず・・・のつもりだったのですが、午前5時半過ぎに目が覚めたので、やっぱりいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

午前7時40分に自宅を出て名古屋駅へ。

午前11時に国土交通省に集合でしたので当日出発ですが、これが午前10時集合となると、前泊も視野に入ります。

 

新幹線車内は、1両に30人強の乗客・・・以前よりは増えてますね。

 

午前10時50分に国交省に到着。今日は県河川団体の合同要望。

首長は柴橋正直岐阜市長、日置敏明・郡上市長と私の3名です。

 

先般、新過疎法の要望について、地方財政に造詣の深い日置・市長も、井戸・七宗町長、成原・白川村長と一緒に関市のことも要望いただいたそうです。

大変にありがたいことで、日置市長にお礼をお伝えしました。

 

午前11時15分から、野村正史・審議官、午前11時半から朝日健太郎政務官、午前11時45分から塩見英之・水管理・国土保全局次長に要望。

 

関市からは、津保川を採択いただいている浸水対策重点地域緊急事業(令和元年〜5年、事業費48億円)のお礼と今後の計画通りの推進、長良川の池尻地区の遊水池(防災堤)の事業推進の2点について要望しました。

f:id:ozeken:20201023001827j:plain
↑ 野村正史・審議官・・・中部地整にも勤務されたご経験がおありです(要望写真は柴橋・岐阜市長のFBからお借りしてます)

f:id:ozeken:20201023001906j:plain
↑ 朝日健太郎政務官・・・さすが元バレーボール選手・・・199センチ(!)の身長

f:id:ozeken:20201023002013j:plain
↑ 塩見英之・水管理・国土保全局次長・・・昨年から何度かご対応いただいています

 

その後、財務省に移動して、午後12時15分から角田隆・主計局次長に河川事業の予算確保について要望。

f:id:ozeken:20201023002103j:plain
↑ 角田隆・主計局次長・・・今年は道路要望がほとんどで河川要望が少ないそうです

 

ここで一旦、解散。

 

午後1時50分に自民党本部に再び集まり、午後2時から野田聖子・幹事長代行に要望。

 

f:id:ozeken:20201023002151j:plain
↑ 衆議院本会議にて代表質問に立たれるそうで、その原稿書きなどでご多用のところ、時間を割いていただきました

 

続いて、参議院議員会館に移動して、午後2時40分から大野泰正・参議員、午後3時から渡辺猛之・参議員に要望。

f:id:ozeken:20201023002622j:plain

f:id:ozeken:20201023002705j:plain

 

午後3時半過ぎに予定していたすべての要望活動を終了。

 

池袋に移動して、コーヒーを飲みながらブログ書きや読書。

 

午後7時から、池袋駅近くの東京芸術劇場にてNHK交響楽団のコンサート。

f:id:ozeken:20201023003249j:plain


 NHK交響楽団は初めてでしたが、素人の私が聴いても、なんだか音が違ってました・・・さすがN響

 

武満徹/デイ・シグナル
武満徹/ガーデン・レイン
武満徹/ナイト・シグナル
ラーション/サクソフォーン協奏曲 作品14
ベルワルド/交響曲 第4番 変ホ長調「ナイーヴ」

 

と馴染みのない曲ばかりでしたが、楽しめました。

 

コロナ感染防止対策として、座席は1席飛ばしでした・・・クラシックコンサートでも、全席利用とはなっていません。

 

本日、関市でクラスターが発生したことが、県から発表されました。

いつも書いている通り、クラスターが発生しようとも、私たちが心がけるべきことは何ひとつとして変わることはありません。

過度な恐怖心を抱く必要もないと思いますし、クラスターに過敏に反応することもありません。

改めて、市長メッセージを発出しました。

無責任な噂話を聞いたり話したりしても、そこにはまったく価値はありません。

一人ひとりが、自らできる感染防止策を実践することに尽きます。

 

市民の皆さまへ

 

 本市において新たにクラスター事案が発生しました。感染された方には、心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早い回復をお祈りいたします。

 

 私たちの誰もが新型コロナウイルスに感染する可能性があります。り患された方も決して望んでかかったわけではありません。相手の立場を思いやり、うわさやデマに惑わされず、冷静な判断と行動をお願いいたします。

 

 これから季節性インフルエンザの流行も心配されます。あらためて手洗いや手指の消毒、マスクの着用、3密の回避といった基本的な感染防止対策を徹底することが大切です。

 

 一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息を願い、いま私たちにできることを実践しましょう。

               

令和 2年 10月 22日

関市長   尾関 健治

 

10月21日のブログ「市新型コロナ対策本部会議、関ライオンズクラブで講話など」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ。

 

 市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前9時半から、市新型コロナ対策本部の会議。

先日もブログにも少し書いた、岡崎市で新たに当選された市長の一人5万円還元について、感じていることを冒頭に紹介。

ニュースを拝見すると、市長自らが金融機関からの借入にも言及されたようですね。

なるほど、確かにお金を借りれば、財源としては手当てできます。

 

多額の予算が伴いますので、当然、市議会に予算案を提出されるのでしょうが、少し穿った見方をすると(最初から、市議会が反対することを見込んで、自分は公約を果たそうとしたのに、市議会のせいで実現できなかった)というシナリオを想定されているかも・・・とも勝手に想像します。

ただし、市長は一定の理由があれば議会を通さず専決処分も可能ですので、本気で実現しようと思えばやれます。

もちろん、専決処分したことに対して、議論を呼ぶことにはなるでしょうが。

 

現在の関市の経済状況、福祉の相談等の件数など、コロナ禍における関市の現在地を確認。

 

その後、いくつかの課題について、担当課と協議。

 

午後3時、県健康福祉部長から、関市で1名の方がコロナ陽性が確認された、という連絡。

濃厚接触者の方について、PCR検査を進めることも説明いただきました。

 

午後6時15分から、ラマーレにて関ライオンズクラブ例会で講話。

 

f:id:ozeken:20201022205246j:plain

30分ほどかけて、コロナ対策・教育ICT・市政のトピックスを説明。経営者の皆さんがほとんどですので、特に事業者向けの支援策について。

今後、副市長・教育長にも講話の機会をいただくこととなっています。

 

 お弁当をいただいてから、kitchenひつじやにて懇親会。

保育園からの同級生のYくんが、なんとライオンズクラブに入会・・・その歓迎会ということで私も声をかけてもらいました。

久しぶりにお会いする方が多かったので、市政のことや、市政でないことも含めて、ワイワイと楽しく話しながら。

 

最後は、明日の健康診断のためノンアルだった、Hさんに送ってもらい帰宅。