「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

8月14日のブログ「県コロナ対策本部員会議、高齢者等避難情報を発令」

昨晩は土砂災害の危険度が下がったので、午後10時15分に洞戸地域・武芸川寺尾地区の避難指示を解除。

 

寺尾小には最大46名の避難者がありました。

 

午前7時半から、雨が降る中、いつものユックリとした5キロのジョグ。

週末は10キロ以上走ることが常ですが、今日は警報が出ていることもあり5キロのみ。

f:id:ozeken:20210814233522j:plain
↑ 午前7時半過ぎの津保川・・・昨日からの雨でかなり増水してます

 

午前10時半過ぎに、総合斎苑わかくさにて地元の方の告別式前に弔問。

 

自宅に戻って着替えてから、午後12時半に市役所へ。

 

危機管理課で現在の状況を確認。

 

午後3時から、県コロナ対策本部員会議に出席。

 

f:id:ozeken:20210814233741j:plain

 

県・市町村・関係団体の連名で、感染防止に取り組む宣言を確認。

 

f:id:ozeken:20210814233919p:plain

 

終了後、そのまま大雨・土砂災害に関する協議。

 

河川水位が上昇している長良川津保川の沿川地域の一部、土砂災害の危険がある洞戸・武芸川寺尾地域に対して、午後5時半に高齢者等避難情報を発令。

 

自宅に戻ってからも、気象庁岐阜県・関市の防災関係のホームページをチェック・・・ひたすら再読み込みです。

 

危機管理課を中心とした本庁に詰めている職員、避難所等で対応する職員、多くの職員が夜を徹して警戒にあたってくれています。

 

先日、市役所インターンシップ実習生との意見交換会の中で、

 

 「市役所職員として、覚悟しておくべきことは何ですか?」

 

という質問を受けたので、

 

 「災害時やコロナ対応など、自分や家族のことより、”公”を優先すべきときがあること」

 

と答えました。

 

昨日も今日もまさしくその言葉の通りです。