「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

6月25日のブログ「6月議会が閉会、まず隗より始めよ・何を語るかではなく誰が語るか、議長へ3度目の要望書、第5弾コロナ対策」

今朝もいつものユックリとした5キロのジョグ・・・霧雨の中ではありましたが。

 

市役所に入ってから、打ち合わせや決裁など。

 

午前10時から、6月議会の本会議(5日目)。

 

議会初日に提出したすべての議案について、全会一致もしくは賛成多数で可決いただきました。

続いて、第5弾コロナ対策の補正予算案を追加で提出。

こちらも全会一致で可決いただきました。

 

閉会式の挨拶では、いくつか心がけている自らの政治信条として、2点を申し上げました。

私自身の政治信条の一つとして、「まず、隗より始めよ」があり、言い出した者から、率先して実践していくことを心がけています。

また、これも政治信条として、政治では「”何を”語るのかではなく、”誰が”語るか」がより重要だと考えています。

今後も市政運営や議会にも、同様の趣旨で臨んでまいります。

 

 本当は、3月議会が閉会してからの議会としてのコロナ対応について、10分間ほどの時間をかけて言及しようか・・・とも思いましたが(閉会式での挨拶なので、誰も「却下」できませんしね(笑))、以上の発言に留めました。

 

この2つについて、このブログで詳しく背景まで説明しようか・・・とも考えましたが、少し考えを巡らせば真意は分かってもらえると思いますので、あえて文章にはしません。

 

また、本日、議長宛に新たに要望書をお出ししました。 

 令和 2 年 6 月 25 日


関市議会議長 波多野源司 様


関市長 尾関 健治


関市議会の会議運営に関する要望について


日頃は、関市の発展及び円滑な市政運営にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。


関市議会の会議運営について、下記の事項を要望いたします。



1 オンラインビデオ会議の導入について
市議会委員会は、執行部から多くの管理職が出席します。新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、懸念される第2波・第3波に備えるため、オンラインビデオ会議の導入についてご検討をお願いします。


2 市議会定例会における執行部の出席について
定例会に出席する執行部は、議案及び代表質問、一般質問に関係する職員とし、出席要請を必要最小限としていただくようお願いします。


3 市議会のドレスコードについて
執行部は、市議会に臨むにあたり、議員の皆様と同様に品位を保つ服装に心がけていますが、改めて市議会のドレスコードの考え方について、確認させてください。


※この要望書及び市議会の回答書等は、市ホームページ等で公開することもありますので、あらかじめご了承願います

 

近日中に回答をいただけると思いますので、また、お知らせします。

 

昨日の記者会見で、今日の本会議で可決いただいた補正予算も含めて、第5弾コロナ対策の事業について発表しました。

「生活困窮者支援」・「雇用支援」・「観光経済支援」が大きな3点です。

個別に説明するとかなり長くなりますので、下記の記者会見資料をご確認ください。

www.city.seki.lg.jp

 

f:id:ozeken:20200625184632j:plain

f:id:ozeken:20200625184641j:plain




f:id:ozeken:20200625184353j:plain

f:id:ozeken:20200625184400j:plain

f:id:ozeken:20200625184407j:plain

f:id:ozeken:20200625184413j:plain

f:id:ozeken:20200625184420j:plain

 

 7月もしくは8月に臨時会を招集する予定ですが、第6弾コロナ対策についても、臨時会に提出するつもりです。

事業内容・支援対象については、国・県の動きにアンテナを張り、関市の日々の状況変化等を注視しながら、かためていきます。