「日刊オゼ☆ケン」通信 THE 2nd

「日本一の刃物のまち」岐阜県関市長「尾関健治」(オゼ☆ケン・オゼケン)の政治活動通信

6月27日のブログ「揚水組合の草刈り、週末の12キロのジョグ、ワクチン集団接種会場へ」

今朝は午前8時に地元東田原の公民館へ。

毎年恒例の揚水組合の草刈り・・・ここ数年、いつも雨の中でカッパでの作業のイメージですが、今年は曇り空で何より。

 

f:id:ozeken:20210627190947j:plain
↑ 昨年の草刈りで、私の草刈り機に刃がほとんど付いていないことがネタになったので、今日は新品の刃で参上

 

f:id:ozeken:20210627190954j:plain
↑ こういう急な斜面に生えている草が相手・・・ツルは手強いです

 

f:id:ozeken:20210627191008j:plain
↑ みんなで作業するから何とかやれます

 

30分間ほど斜面で草刈りをすると、汗がポタポタと落ちてバテバテ。

 

途中、休憩をはさみながら・・・地元の皆さんと会って話ができるのは久しぶり。その意味では草刈りも貴重な機会です。

 

午前9時50分に終了して解散。

 

午前10時半から、週末のユックリとした12キロのジョグ。

 

午後2時過ぎに、ワクチン集団接種会場へ。

今日も途中、接種待ちで滞留気味のときがありましたが、おおむねスムーズに終了。

 

午後はサブにも常に待機している人がいる状態でしたので、メインに人の流れが途切れることはありませんでした。

指示したことに対して、担当課が対応してくれました。

 

また、最後の用紙回収のところで、たまに行列が長くできることがあったのですが、昨日、行列の並び方を時間の空きができないよう変更するよう依頼。

これまた、並び方を担当課が改善してくれていました。

 

集団接種が始まって1ヶ月、私自身も現場を確認したり、案内に立ったり、やり方を変えるよう指示したり、かなり首を突っ込んできました。

 

しかしあとは現場の職員がさらに改善しながら運営してくれるでしょう。

 

今日も雨を覚悟していましたが、降りませんでした。

昨日も書いた通り、ワクチン接種にとっては大変にありがたいことです。

 

夜は読みかけの本を読み進め。

 

「世界近代システム Ⅰ」、「世界の歴史 4」、「失敗の本質」、「空気の研究」、「神の代理人」、「ユーザーイリュージョン」、「脳は空より広いか」、「眠れなくなる宇宙の話」。

 

どの本も少しずつ。